現代人を悩ませる不眠症とは?

現在、5人に1人の日本人が不眠症に悩まされていると言われています。
私達現代人の身近な病気であるこの不眠症とは一体どのような病気なのでしょうか?

 

現代人を悩ませる不眠症

皆様は不眠症とはどのような病気か知っていますか?
聞いたことはあるけ・・・という方は多いと思います。
また、「不眠症とはいったい…」という方も中にはいるかもしれませんね。
不眠症とは?という方のために簡単に説明したいと思います。

 

一般的な不眠症…

皆様は、過去に「眠りたくても眠れない」といった経験はありますか?
これは、旅行した時や慣れない土地で生活を始めた頃など色々なケースがあるかと思いますが、このような状態は早くて数日の間に普通に眠れるようになりますよね。
ですが、このような状態が1ヶ月以上も続くと、日中に倦怠感、頭痛、めまい、食欲の低下等といった不調を起きるようになるのです。

 

要するに、不眠症とは、長い期間夜眠れない状態が続き、日中にからだやこころの状態が良くないことを自覚して生活の質が下がってしまう状態です。

 



2015/07/04 10:15:04 | 不眠症とは?

睡眠不足が続いてしまうと、体の疲れがとれずに、強い疲労感に悩まされます。
これがストレスとなり、さらに睡眠不足が悪化するという悪循環を招いてしまいます。
めまい、耳鳴りは睡眠不足から起こるが、疲労やストレスも原因となる場合もある。

睡眠不足がひきがねとなり悪循環

睡眠不足がひきがねとなり悪循環
生活リズムの乱れを整えるには、睡眠時間がとても重要になります。毎日、同じ時間に布団に入り、同じ時間に起きる生活は、生活リズムを整えるための基本中の基本です。

 

また、十分な睡眠を取ることが出来れば、心身の疲れがなくなり、体をリセットできます。日中は仕事などで多少忙しくても、夜にしっかり休息できれば、心身のストレスを溜めてしまうことは少なくなります。ところが現代では、睡眠が十分にとれない人が非常に多くいます。

不眠をまねく以下のような行動には注意

眠をまねく行動には注意

  • 寝る3時間前にコーヒーや紅茶をのんでカフェインをとる
  • 寝る1時間目にお酒を飲む
  • 寝る直前にタバコを吸う
  • 夕食から床につくまでの時間が短い
  • 寝る直前までテレビを見たり、パソコンをいじっている
  • 寝る直前まで携帯電話やスマートフォンをいじっている
2013/05/15 18:53:15 | 不眠症とは?

不眠症が酷くなると

あなたはぐっすり眠れていますか?
今、現代人の間で増えつつあるのが不眠症です。
不眠症で悩んでいる方は日本で約2割だと言われております。

 

不眠症にかかり、もし、1ヶ月以上眠れない、寝付けないといった状態が続くと、食欲が落ち、だるいといった症状を始め、更には集中、やる気の低下といったように症状が悪化してしまい、日常生活に支障をきたしてしまう程にもなってしまいます。

 

また、不眠症が続きますと、「眠れないのでは?」といった恐怖感が生まれ、眠りに対する強いこだわりや極度の緊張により、更に不眠が酷くなるといった悪循環に陥ってしまうのです。

 

日本人に多い不眠症…

日本の平均睡眠時間ですが仕事の日は約7時間、休みの日は約8時間と言われています。
これは、世界の先進諸国から比べてみると少なめなめで、日本人は1976年から徐々に睡眠時間が少なくなっているという調査結果が出ています。
それに伴い、不眠に悩まされる日本人が増えていると言われています。

 

原因は、仕事や学業にかける時間の増加に伴う睡眠時間の減少、精神的なストレス等様々な要因があります。
症状は様々で約100種類程あるといわれておりますが、酷い症状になりますと、日常の生活に支障をきたすレベルになるそうです。

 

「不眠症って特殊な病気なのでは?」「私にはあまり関係ないかも」…と、思われがちですが、今や5人に1人の割合で不眠について悩んでいて、年齢と共に不眠について悩んでいる方は増えているといいます。
ですから、こちらは特殊な病気ではなく、私達にとっては身近な病気であるといえます。