寝不足で吐き気がした経験をお持ちの方へ

寝不足で吐き気がした経験

寝不足によって気分が悪くなったり、吐き気がした経験はありませんか。
この寝不足による吐き気、放っておくと集中力が低下したり、ひどい場合はうつ病の原因となったりすることもあるので、注意が必要です。

 

寝不足で吐き気がする原因

なぜ寝不足で吐き気がするのでしょうか。これは免疫力が低下するためです。
免疫力が低下すると、体の様々な機能のバランスが悪くなってしまいます。
吐き気以外にも、記憶力や思考力が低下したり、食欲やホルモンバランスも乱れてしまいます。
また、些細なことで苛立ったりもします。睡眠が足りないわけですから、当然日中でも眠気がして、仕事や勉強にさしつかえたりもします。

 

予防は…

こういう症状は、すなわち体に無理をさせているということにつながります。
ですから、その改善のためにも、質のいい睡眠をとって、体を十分休ませることが大切なのです。どうしても仕事や勉強を休めない場合には、食事に気を付けたり、カフェインの多いものは飲まないように気を付けましょう。
眠気覚ましにと、カフェインの多いコーヒーなどを、特にブラックで飲んでしまいがちですが、吐き気が強くなりますので控えるようにしてください。あと、できれば仮眠を取るのもいいでしょう。

 

睡眠の改善…

睡眠の改善

そして、吐き気を起こさないようにするためには、寝不足の改善も必要です。眠る前の2時間ほどは、部屋を静かにし、光による刺激を弱くして、くつろげる雰囲気を作ってください。
もしなかなか寝付けない場合は、ストレッチをしてみるのもいいでしょう。
体を軽く動かすことで、全身の緊張もほぐれます。

 

また、就寝直前までTVを観たり、PCや携帯をいじるのは避けましょう。体がリラックスとは正反対の方向に行ってしまいます。きちんと睡眠を取って健康な状態でいるためにも、就寝前は光や刺激を極力避けるようにしましょう。
もちろん、寝具やパジャマなども自分に合ったのを選んで、心地よく寝付けるよう、そして、気持ちよく目が覚めて1日をスタートできるようにして行きましょう。