寝不足も原因になる頭痛の解消法

頭痛にはさまざまな種類がありますが、寝不足からくる頭痛もあります。
この場合、寝不足が原因で脳にストレスが溜まることで痛みが発生することが多いため、睡眠を充分にとることで解消することができます。

 

すぐに眠れる場合は眠ることが一番の解消法ですが、仕事などで忙しくすぐに眠ることができない人は、頭を冷やしたり温めたりを繰り返すことで痛みが減少することがあります。また、多用するのは禁物ですが薬を服用する手もあります。寝すぎた場合も頭痛がすることがありますがこの場合は脳の血管の拡張が原因のため、しばらく時間が経つと収まることが多いです。

 

寝不足も原因になる頭痛の解消法

寝不足でなくても寝起きに頭痛がすることがあります。
この場合、枕が原因であることがあります。
一日の1/3は睡眠のため、寝具次第で心地よい眠りにつくことも不眠になることもあります。布団の重さや枕の高さ・固さ、寝るときの服装の素材や照明器具など快適な睡眠環境を整えることは寝不足にならないようにすることにつながるため、結果的に頭痛を予防する行動のひとつになります。

 

交感神経の緊張…

交感神経の緊張

不眠症の人や眠らなければいけないという強迫感が強くなかなか眠れないという人は、交感神経が緊張している場合もあるため、体をリラックスさせ眠りやすくするため肩や首をマッサージしたり、眠る前にゆっくりと入浴をして体を温めたりと対策をとることが不眠に効果があります。
他にも、好きな音楽を聞いたりアロマセラピーをしたりと交感神経の緊張をほぐし副交感神経に切り替わることをすることも効果があります。

 

しっかりと睡眠時間をとっていても頭痛が頻発している場合は、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。この疾患は、無呼吸や低呼吸が続くことが原因のため長い間放置すると日常生活に支障も出てきます。

 

他にも、市販の薬が効かなくなったり服用する頻度が高くなった場合は、寝不足以外の疾患が原因で発生している場合もあるため、早めの受診が大切になります。