睡眠不足が生活リズムの悪循環を引き起こす

睡眠不足が続いてしまうと、体の疲れがとれずに、強い疲労感に悩まされます。
これがストレスとなり、さらに睡眠不足が悪化するという悪循環を招いてしまいます。
めまい、耳鳴りは睡眠不足から起こるが、疲労やストレスも原因となる場合もある。

睡眠不足がひきがねとなり悪循環

睡眠不足がひきがねとなり悪循環
生活リズムの乱れを整えるには、睡眠時間がとても重要になります。毎日、同じ時間に布団に入り、同じ時間に起きる生活は、生活リズムを整えるための基本中の基本です。

 

また、十分な睡眠を取ることが出来れば、心身の疲れがなくなり、体をリセットできます。日中は仕事などで多少忙しくても、夜にしっかり休息できれば、心身のストレスを溜めてしまうことは少なくなります。ところが現代では、睡眠が十分にとれない人が非常に多くいます。

不眠をまねく以下のような行動には注意

眠をまねく行動には注意

  • 寝る3時間前にコーヒーや紅茶をのんでカフェインをとる
  • 寝る1時間目にお酒を飲む
  • 寝る直前にタバコを吸う
  • 夕食から床につくまでの時間が短い
  • 寝る直前までテレビを見たり、パソコンをいじっている
  • 寝る直前まで携帯電話やスマートフォンをいじっている


睡眠不足が生活リズムの悪循環を引き起こす関連ページ

不眠症が酷くなると
不眠症の種類について
寝不足によって起こる症状とは