身近な不眠症対策法

そのほか、毎日の日常生活のシーンでちょっとした工夫で実践できる不眠症対策法や、生活習慣の改善などによる不眠症対策を見ていきましょう。



身近な不眠症対策法記事一覧

いつもはベッドに入るとすぐに寝付けるのに、春になるとなぜだか眠れなくなる、という経験のある方は多いのではないでしょうか?春は、生活環境の変化が多い季節です。新しい環境への不安は、多かれ少なかれ、誰にでもあるものだと思います。その不安な気持ちが不眠へとつながってしまうのです。しかし、簡単にできる不眠対策もたくさんあるのをご存じですか?例えば春に旬を迎える、春きゃべつ。睡眠作用と鎮静作用があるため、不...

眠れないというのは本当に辛い。眠れないときに自分で簡単にできる方法を考えましょう。 日中良く日を浴びること。日中日光を十分に浴びないなら、昼夜の違いがあいまいになり、夜は睡眠を促す物質メラトニンが分泌されません。 寝る前に興奮しない。カフェインを取らないだけではありません。刺激の強い映画などを見ないことも含まれます。できるだけ落ち着く音楽を聴きましょう。ハーブティーは気持ちを落ち着かせる効果があり...

不眠症と「入浴」これも密接な関係があります。入浴をすると以下の3つの面で不眠症という病気に有効です。一つ目はリラックス効果です。お風呂にはいると体全体が気持ちよくリラックスすると同時に、少しの負荷を体にかけます。気持ちよさと程よい疲れ、これが睡眠を誘うのです。二つ目は精神衛生上の効果です。規則正しく生活することは、不眠症打開に欠かせません。しかし精神的な要因の不眠症の場合、「何もしたくない」と思い...

不眠症対策でまず試してみたいのがツボの刺激。睡眠というのは副交感神経が促します。しかし極度の疲れやストレスで正常にこの神経が作動しないときには、不眠症対策として押してみる価値があるツボがあります。それは「安眠」というその名前からしていかにも改善効果がありそうなツボ。安眠のツボ場所は、耳の後ろを手で探ると突起物のような物がありますが、その指ひとつ分くらい下。そこを押します。神経が刺激され改善効果があ...

不眠症の原因にもいろいろありますが、その一つは物理的要因。背中が痛い。布団が重い。枕がしっくり来ないとか。こうした要因は寝具の変化によって改善されます。ですから不眠症の対策として安眠グッズを購入する人は少なくありません。何よりも長く人気なのは「低反発枕」。一度味わったらやめられないという人は多くいます。しかしこの安眠グッズ、使用したばかりの時と、しばらくしてからでは違うのです。人の頭の重さも形様々...

不眠症の原因にもいろいろありますが、その一つは精神的な要因。夜、布団についてもどうしても落ち着かないのです。特に女性に多いようですが、何か特に多くの大きな理由も無いのですが、波のような不安に襲われる。そんな経験はありませんか?夜寝るときにそれが襲ってくるとなかなか寝られないものです。そういう時に効果を発揮するのはアロマテラピー。アロマテラピーの中の、「芳香浴」という方法は最も有名。香りのするキャン...

不眠症改善対策として「森田療法」という方法があります。いろいろな理由の精神的な不安が原因で寝られないという場合、これはもし不眠症という問題に真っ正直に向き合いたいと思うなら、真剣に取り組んでみるべき方法でしょう。簡単に言うと「森田療法」このような方法です。まず、毎日の寝る時間と起きる時間を定めます。例えば、11時に寝る。7時に起きる、など。寝られようが寝られなかろうが、この時間は布団の中にいます。...

冷えを感じるのは女性が多く手足が寒くてなかなか寝つけない末端が冷えて眠りが浅くなるなどの悩みを持っている人がたくさんいます。その一方で、本当は冷えているのに、自覚をしていない人もたくさんいます。お腹や太ももを触って、手のひらよりも冷たい場合は、体が冷えている証拠です。いつも眠りが浅いと感じているのは、冷えが原因していることがあります。冷えを防ぐには、寝る時に締め付け感が強いものを着ないことが大切で...

テレビの某有名番組で「認知症はアロマで改善効果がある」とアロマが紹介されていました。それから1ヶ月以上、店頭から特定のアロマが売り切れて消えるほどの人気がありました。そしてこのアロマは睡眠にも最適ですので、紹介したいと思います。使用方法午前中にローズマリー2滴とレモン1滴をブレンドし、2時間以上嗅ぎます。そして夜にはラベンダー2滴とオレンジ1滴ををブレンドし、就寝の1時間前くらいに嗅ぎ始めます。こ...