アロマは認知症だけではなく睡眠にも効果が

テレビの某有名番組で「認知症はアロマで改善効果がある」とアロマが紹介されていました。それから1ヶ月以上、店頭から特定のアロマが売り切れて消えるほどの人気がありました。そしてこのアロマは睡眠にも最適ですので、紹介したいと思います。

使用方法

アロマは認知症だけではなく睡眠にも効果が

午前中にローズマリー2滴とレモン1滴をブレンドし、2時間以上嗅ぎます。そして夜にはラベンダー2滴とオレンジ1滴ををブレンドし、就寝の1時間前くらいに嗅ぎ始めます。
これらのブレンドオイルは嗅覚をつかさどる嗅神経を刺激することで、海馬の機能が回復し、脳が若返るといわれています。ラベンダーの香りが得意でない人でも、オレンジを混ぜることで香りの印象を変えることができ、万人向けの香りになります。

 

そして認知症に最も効果のあるのは、しっかりと睡眠をとることだとされています。睡眠は、認知症と関係がある脳の老廃物を取り除く働きがあります。アロマはその睡眠を助ける方法のひとつです。

5つのアロマのシーン別ブレンド法

数多くある種類の中から、使いやすくてクセがない5つを選びました

真正ラベンダー
  • 深いリラックスや安眠効果
  • 頭痛や筋肉痛などの痛みや免疫力強化
  • 火傷の応急手当やニキビなど傷の回復
  • 使用期限は開栓から1年

 

ユーカリ
  • 息苦しさなどを解放し、イキイキしたい時に
  • 鼻づまりや花粉症、風邪、喉の腫れに
  • 細菌の増殖を防ぎ、炎症を抑える。
  • 使用期限は開栓から1年

 

ゼラニウム
  • 情緒不安定、女性ホルモンを整えたいとき
  • むくみ、生理痛、更年期障害など
  • シワ・シミの改善
  • 使用期限は開栓から1年

 

ペパーミント
  • 眠気覚ましやひらめき
  • 二日酔いによるはきけ、鼻づまり、花粉症
  • 日焼けやかゆみ
  • 使用期限は開栓から1年

 

オレンジスイート
  • 気分を明るくしたい、ぐっすりと眠りたい
  • 下痢や便秘などで食欲がない
  • 肌を整えたい際に
  • 使用期限は開栓から半年