不眠症と入浴の密接な関係

不眠症と「入浴」これも密接な関係があります。

 

入浴をすると以下の3つの面で不眠症という病気に有効です。

 

一つ目はリラックス効果です。
お風呂にはいると体全体が気持ちよくリラックスすると同時に、少しの負荷を体にかけます。
気持ちよさと程よい疲れ、これが睡眠を誘うのです。

 

二つ目は精神衛生上の効果です。
規則正しく生活することは、不眠症打開に欠かせません。
しかし精神的な要因の不眠症の場合、「何もしたくない」と思い、入浴もしたくないと感じます。
しかし入浴するという、いわゆる一つの「仕事」を果たせば、生活のリズムを保てます。
この生活のメリハリが睡眠に効果を生むのです。

 

三つ目は身体衛生上の効果。
寝られない要因として、頭が痒い、背中がむずむずする。など体の不清潔さに起因するものがあります。
実はこれらが不眠をもたらしているのですが、精神的な要因もあいまっている場合、自分で意識さえしていない場合もあります。
入浴して清潔な状態を保つ。これは不眠症対策には不可欠ですね。