不眠症対策としての睡眠薬

不眠症対策としての睡眠薬

不眠症対策に効果的なものとして、睡眠薬があげられます。
日本では、テレビドラマの影響などで、睡眠薬は自殺に使うもの。
というイメージをもっている方も多いのではないでしょうか?
あまり良いイメージとは言えないですよね。

 

では、実際の睡眠薬とは一体どういった薬なのでしょう。
まず現在の睡眠薬は、昔のものと違い、大量に摂取したからといって死に至る事はほぼありません。用法や用量を守れば、副作用の危険も格段に低くなっています。

 

また不眠症は人によって、その症状が変わってきます。
寝付きが悪い人、夜中に何度も目が覚めてしまう人、朝早く目が覚めてしまう人、などです。
それと同時に、睡眠薬も不眠症の症状に合わせて、様々なタイプが存在するのです。
主に、作用時間の長さにより分けられており、超短時間型、短時間型、中間型、長時間型があります。

 

睡眠薬を服用する際は、しっかりと医師に相談し、自分の不眠症の症状にあった薬を使う事が、とても重要となります。とはいっても、睡眠薬は薬です。なるべく、長期間の服用はせずに済むよう、生活習慣の改善などを心がけましょう。



眠りの基本はリラックスすることです。
それなのに、常にストレスをためている現代の人々は

  • 歯を食いしばる
  • 上半身へ力が入る

などのことがあります。
眠る時は、全体までしっかりと意識を向けて、体をゆるめるようにしましょう。

 

ベッドに横になり、あごの力を抜く

力を抜くことではじめて、無意識にアゴに力を入れていたことに気がつきます。
奥歯を噛みしめると硬くなる咬筋は、物を噛むこと以外にも、精神的緊張により収縮するので、あごの力を抜くことでリラックスすることができます。

眼球の奥の力を抜く

スマートフォンなどの近くの物を見ることが多い

パソコンやスマートフォンなどの近くの物を見ることが多い私たちですが、ある一点を長く見ることにより外眼筋が緊張します。眼球を上下左右に動かす6本の外目筋を束ねているこころが、眼球の奥の総建林輪といわれる場所です。

 

目の奥の力を抜き、目の筋肉全体をゆるめるとうにしましょう。ストレスを感じると上半身に力が入るので、この2か所をゆるくするだけで、多くの緊張はなくなるはずです。

 

さらに続けて、つま先より頭部に向かって、少しずつ意識を向けながら力を抜くようにしていきましょう、

 

息をゆっくりと吐きながら、

  • つま先
  • かかと
  • 足首
  • ふくらはぎ
  • 太もも
  • ひざ

と一つずつ丁寧に力を抜いていきます。
首の辺りまで意識をしたさいには、もうすでに眠りに入っているかもしれません。

入浴時間をしっかりと決める

睡眠の優先度合いを上げていきたいけど、どうしても寝る時間が遅くなってしまう。そのような場合は、入浴時間をしっかりと決めるようにしましょう。
23時に就寝を考えている場合は、21時半に入浴するように決めます。そうすることで、意外と簡単なくらいに、早く就寝することができるようになります。

 

「これが終わってから寝る」と思いながらパソコンなどの作業を行うよりも、「21時半までには必ず終わらせる」と期限をしっかり決めた方が、脳の回転速度は速くなり、効率が上がります。

 

それでも終わらなかった場合は、翌日に早起きして行うようにします。夜中に無理して行うよりも、翌朝に行う方が、格段にパフォーマンスが高くなります。

 

「時間までに仕上げることができなかったら」という不安がよぎりこともありますが、心配しなくても大丈夫です。仕事ができる人は、常に完璧に仕上がるのではなく、要点をしっかりと抑えて8割程度できていれば問題はありません。それを意識しながら行うようにすると、自然とできるようになります。

 

夜のテレビやインターネット観覧などが必要

早寝を行い始めてみると、すんなりと止めることができなかった夜のテレビやインターネット観覧などが必要なかったことに気づくことができます。現代社会は、常に新しい情報を知っておかないと取り残されてしまうのではないのかという不安を持ちやすいです。それを「とくに必要がないもの」と思うことができれば、自信が生まれます。

睡眠導入剤のマイスリーは、他の睡眠薬と比べると比較的、副作用が弱いと言われています。
しかし薬による副作用というものは、個人差があるものなので、しっかりと自分で確認する事が大切です。

 

例えば、マイスリーの副作用として、頭痛、嘔吐、悪夢を見る、昼間の眠気やふらつきなどがあげられます。
さらに怖いものは、途中覚醒した時の記憶が無いという、いわゆる健忘症がある事です。
肝臓が弱い方や、高齢者はマイスリーを服用すると、その効果が強く出てしまう事があるので、注意が必要です。
マイスリーの効果が強くなると、副作用が強くでる可能性も高くなります。

 

では、マイスリーの副作用が強く出てしまうどういった事がおこるのでしょうか?
例えば、薬に対する依存性が高くなる、肝機能障害、呼吸が弱くなるなどの症状を引き起こします。
依存性が高くなり長期的に飲み続けると、急に服用を辞めた際に、マイスリーを服用前より、更に強い不眠や、吐き気などの副作用が出る場合があります。

 

このように、マイスリーは他の薬より、副作用が少ないといわれていても、たくさんの副作用が隠れているのです。

日本で2000年に発売された、比較的新しい薬にマイスリーがあります。
マイスリーは超短期型の睡眠導入剤で、服用の際には医師の処方が必要です。
安全性が比較的高く、睡眠導入剤として広く知られています。

 

マイスリーの主な効果は、脳の神経を落ち着かせリラックスさせる事により、寝付きを良くし、すっきりしたと眠りを誘う事です。
また、マイスリーは超短期型の睡眠導入剤なので、眠気が翌日まで残るなどの、持ち越し効果が少ないともいわれています。
さらに、深い睡眠への影響もほとんどないと言われ、比較的自然な睡眠が得られるのも、マイスリーと効果としてあげられます。

 

また、マイスリーはハルシオンなどと違い、不眠の改善にしか効果がありません。
つまり統合失調症やうつ病には効果がないのです。

 

なお、マイスリー服用の際の注意点としては、継続的な服用を避ける事が大切です。
また、持ち越し効果が少ないといっても、薬による影響は個人差があるものです。
マイスリーを服用する際は、その効果はもちろんの事、自分の症状や体調を考える事が重要です。

メンタル系の病院だけでなく、一般の内科で処方される事の多い薬に、ベンゾジアゼピン受容体作動薬というものがあります。
これは、いわゆる睡眠薬の一種ですが、このベンゾジアゼピン受容体作動薬も作用時間によって、超短期型から長時間型まで、さまざまなタイプがあります。

 

その超短期型の中で、ハルシオンという薬をご存じですか?
実は、睡眠薬の中で、一番知名度があると言われているのが、このハルシオンです。
しかし、ハルシオンを服用する際には、副作用への配慮が大切です。

 

主な副作用は、ハルシオン服用後、起きたままでいたら記憶が飛んでしまうことがある。
めまいや幻覚症状に悩まされる。
夜中に目が覚めてしまった時、意識がもうろうとしてしまう事もあります。
あるいは、ハルシオンと一緒にアルコールを飲んでしまと、効果が強く出過ぎてしまうので、危険です。
また、ハルシオンは即効性と、強い入眠作用を持つ為、不眠症に悩む方の依存性が高くなってしまう傾向があります。
さらに、服用を中止した時に反発症状が出やすいのも大きな副作用です。
ハルシオンを服用する際は、副作用のリスクもしっかりと考えるようにしましょう。

 

 

寝付きをよくする為の薬を、睡眠導入剤といいます。
その中で、一般的に知名度が高いもので、ハルシオンという薬があります。
実際には睡眠導入剤を使っていなくても、ハルシオンという名前は聞いた事がある、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

このハルシオンは、睡眠導入剤としてだけでなく、精神安定剤としても使用される事があります。
これは、ハルシオンが抗不安剤としての効果も持っているためです。

 

とはいっても、ハルシオンの一番特徴的な効果は、強い入眠作用です。
ハルシオンを服用後は、すぐにベッドに入るようにしましょう。
ハルシオン服用後、しばらく起きたままでいると、覚醒してしまい眠れない、または逆に意識が朦朧としてしまう、などという場合もあります。
効果が出るのが早い薬なので、服用時には注意が必要です。

 

また、ハルシオンは超短時間型と呼ばれる種類の睡眠導入剤です。
効果の持続時間が短く、翌朝まで眠気が残る事が少ないといわれています。
とはいえ、薬の効果は個人差があるものです。
服用の際は、十分な医師への相談が不可欠といえるでしょう。

忙しい現代人は、不眠に悩む方も多いのではないでしょうか?
そこで、病院に行かなくても、手軽に購入出来る、睡眠改善薬が人気になっています。
その中でも、ドリエルは日本で初めて発売された睡眠改善薬という事もあり、一番知名度がある商品ではないでしょうか?

 

しかし、その副作用をご存じですか?
ドリエルの主な副作用としては、吐き気、頭痛、めまい、日中の眠気などがあげられます。
これは、効き目が強すぎ、または翌日まで残ってしまっている事が原因にあげられます。
日中に車の運転などをする時は、危険を伴う事もありますので、注意が必要です。

 

このような副作用が出た場合は、すぐにドリエルの服用を中止し、医者の診察をうけるようにしましょう。
薬局などで簡単に手に入るものでも、薬に変わりはないのです。

 

現在では、不眠に効果的なサプリメントも発売されています。
サプリメントは薬ではなく、食品ですので、副作用も考える事なく安心して使用できますよ。
薬に頼るのではなく、安全で安心な事が何よりも大切なのではないでしょうか?

 

テレビのCM等で、ドリエルという名前を聞いた事があるかも多いのではないでしょうか?
ドリエルは、一般用医薬品です。
つまり医師の処方箋を必要とせずに、購入が出来てしまう、睡眠改善薬なのです。
薬局や薬店などで、手軽に手に入る為、発売当時は大変話題となりました。

 

では、ドリエルを服用すると、どのような効果が得られるのでしょうか?
ドリエルの効果は、抗ヒスタミン剤により眠気を誘うというものです。
深刻な不眠症ではないが、ちょっと寝付きが悪い、眠りが浅い、などという時に使うと効果的です。

 

また、ドリエルはその効果に個人差があるのも特徴です。
以前に、抗ヒスタミン剤をアレルギー症状の緩和目的で服用、または風邪薬を服用した際、副作用として眠気を感じた事のある方には、効果的でしょう。
その一方で、ドリエルを服用しても、全く眠気がやってこないという方もいます。
それほど、効果に個人差のある薬なのです。

 

しかし、睡眠薬と違い常習性がないので、比較的試してみやすい薬ではあります。
一時的な不眠に悩んでいらっしゃる方は、試してみるのもいいかもしれませんね。

 

個人差がある事なので、必ずしも副作用が出るとは限りませんが、知識として知っているのと知らないのでは、大きな違いが出てくるでしょう。

 

睡眠剤の主な副作用に、反発性不眠や反発性不安、というものがあります。
これは、睡眠薬を一定期間服用した後に、急に服用を止めた場合にあらわれる副作用です。
睡眠薬を服用していた以前より、さらに強い不眠や不安を生じてしまう事があるのです。
予防の為に、服用する薬を徐々に減らしていったりする方法が取られたりしていますが、可能性がゼロになるとはいいきれません。

 

また、睡眠導入剤の場合にも、依存性や一時的な記憶障害が起こる事もあります。
睡眠薬・睡眠導入剤を使う際は、その副作用もしっかり確認したいものです。