睡眠薬と睡眠導入剤の副作用とは

個人差がある事なので、必ずしも副作用が出るとは限りませんが、知識として知っているのと知らないのでは、大きな違いが出てくるでしょう。

 

睡眠剤の主な副作用に、反発性不眠や反発性不安、というものがあります。
これは、睡眠薬を一定期間服用した後に、急に服用を止めた場合にあらわれる副作用です。
睡眠薬を服用していた以前より、さらに強い不眠や不安を生じてしまう事があるのです。
予防の為に、服用する薬を徐々に減らしていったりする方法が取られたりしていますが、可能性がゼロになるとはいいきれません。

 

また、睡眠導入剤の場合にも、依存性や一時的な記憶障害が起こる事もあります。
睡眠薬・睡眠導入剤を使う際は、その副作用もしっかり確認したいものです。