ハルシオンは副作用に注意

メンタル系の病院だけでなく、一般の内科で処方される事の多い薬に、ベンゾジアゼピン受容体作動薬というものがあります。
これは、いわゆる睡眠薬の一種ですが、このベンゾジアゼピン受容体作動薬も作用時間によって、超短期型から長時間型まで、さまざまなタイプがあります。

 

その超短期型の中で、ハルシオンという薬をご存じですか?
実は、睡眠薬の中で、一番知名度があると言われているのが、このハルシオンです。
しかし、ハルシオンを服用する際には、副作用への配慮が大切です。

 

主な副作用は、ハルシオン服用後、起きたままでいたら記憶が飛んでしまうことがある。
めまいや幻覚症状に悩まされる。
夜中に目が覚めてしまった時、意識がもうろうとしてしまう事もあります。
あるいは、ハルシオンと一緒にアルコールを飲んでしまと、効果が強く出過ぎてしまうので、危険です。
また、ハルシオンは即効性と、強い入眠作用を持つ為、不眠症に悩む方の依存性が高くなってしまう傾向があります。
さらに、服用を中止した時に反発症状が出やすいのも大きな副作用です。
ハルシオンを服用する際は、副作用のリスクもしっかりと考えるようにしましょう。