マイスリーにはこんな副作用が

睡眠導入剤のマイスリーは、他の睡眠薬と比べると比較的、副作用が弱いと言われています。
しかし薬による副作用というものは、個人差があるものなので、しっかりと自分で確認する事が大切です。

 

例えば、マイスリーの副作用として、頭痛、嘔吐、悪夢を見る、昼間の眠気やふらつきなどがあげられます。
さらに怖いものは、途中覚醒した時の記憶が無いという、いわゆる健忘症がある事です。
肝臓が弱い方や、高齢者はマイスリーを服用すると、その効果が強く出てしまう事があるので、注意が必要です。
マイスリーの効果が強くなると、副作用が強くでる可能性も高くなります。

 

では、マイスリーの副作用が強く出てしまうどういった事がおこるのでしょうか?
例えば、薬に対する依存性が高くなる、肝機能障害、呼吸が弱くなるなどの症状を引き起こします。
依存性が高くなり長期的に飲み続けると、急に服用を辞めた際に、マイスリーを服用前より、更に強い不眠や、吐き気などの副作用が出る場合があります。

 

このように、マイスリーは他の薬より、副作用が少ないといわれていても、たくさんの副作用が隠れているのです。