入浴時間をしっかりと決める

入浴時間をしっかりと決める

睡眠の優先度合いを上げていきたいけど、どうしても寝る時間が遅くなってしまう。そのような場合は、入浴時間をしっかりと決めるようにしましょう。
23時に就寝を考えている場合は、21時半に入浴するように決めます。そうすることで、意外と簡単なくらいに、早く就寝することができるようになります。

 

「これが終わってから寝る」と思いながらパソコンなどの作業を行うよりも、「21時半までには必ず終わらせる」と期限をしっかり決めた方が、脳の回転速度は速くなり、効率が上がります。

 

それでも終わらなかった場合は、翌日に早起きして行うようにします。夜中に無理して行うよりも、翌朝に行う方が、格段にパフォーマンスが高くなります。

 

「時間までに仕上げることができなかったら」という不安がよぎりこともありますが、心配しなくても大丈夫です。仕事ができる人は、常に完璧に仕上がるのではなく、要点をしっかりと抑えて8割程度できていれば問題はありません。それを意識しながら行うようにすると、自然とできるようになります。

 

夜のテレビやインターネット観覧などが必要

早寝を行い始めてみると、すんなりと止めることができなかった夜のテレビやインターネット観覧などが必要なかったことに気づくことができます。現代社会は、常に新しい情報を知っておかないと取り残されてしまうのではないのかという不安を持ちやすいです。それを「とくに必要がないもの」と思うことができれば、自信が生まれます。