あごと目の奥の力をゆるめる

眠りの基本はリラックスすることです。
それなのに、常にストレスをためている現代の人々は

  • 歯を食いしばる
  • 上半身へ力が入る

などのことがあります。
眠る時は、全体までしっかりと意識を向けて、体をゆるめるようにしましょう。

 

ベッドに横になり、あごの力を抜く

力を抜くことではじめて、無意識にアゴに力を入れていたことに気がつきます。
奥歯を噛みしめると硬くなる咬筋は、物を噛むこと以外にも、精神的緊張により収縮するので、あごの力を抜くことでリラックスすることができます。

眼球の奥の力を抜く

スマートフォンなどの近くの物を見ることが多い

パソコンやスマートフォンなどの近くの物を見ることが多い私たちですが、ある一点を長く見ることにより外眼筋が緊張します。眼球を上下左右に動かす6本の外目筋を束ねているこころが、眼球の奥の総建林輪といわれる場所です。

 

目の奥の力を抜き、目の筋肉全体をゆるめるとうにしましょう。ストレスを感じると上半身に力が入るので、この2か所をゆるくするだけで、多くの緊張はなくなるはずです。

 

さらに続けて、つま先より頭部に向かって、少しずつ意識を向けながら力を抜くようにしていきましょう、

 

息をゆっくりと吐きながら、

  • つま先
  • かかと
  • 足首
  • ふくらはぎ
  • 太もも
  • ひざ

と一つずつ丁寧に力を抜いていきます。
首の辺りまで意識をしたさいには、もうすでに眠りに入っているかもしれません。