朝に太陽光を30分以上浴びよう

朝に太陽光を30分以上浴びよう

毎朝、太陽光を一定時間浴びると夜ぐっすり眠ることができます。研究者の中には「午前中に太陽光を30分浴びると、睡眠薬1錠分の効果が期待できる」と明言する人もいるくらい効果的のようです。

 

太陽光を浴びることによって、神経伝達物質であるセロトニンの分泌量が増えます。そこのことで気持ちが明るくなったり、やる気が出てきて1日の活動量が増えます。そしてセロトニンは、夜になると眠気を促すメラニンに変わるという性質があります。

 

太陽光を浴びることによって、神経伝達物質であるセロトニンの分泌量が増えます。

太陽光を浴びるといっても、直射日光を浴びる必要はなく、目に明るい光が入る程度で構いません。年齢が60歳を超えると、メラトニンの量がピーク時の10分の1以下に低下するので、加齢とともになかなかぐっすりと眠れなくなってきます。だからこそ、太陽光を意識する生活を心がけて、眠りの質を高めるようにしましょう。

太陽光の役割
  • 体内時計がリセットされる。
  • 起床時にメラトニン分泌を止めて眠気を無くす。
  • 交感神経が活発になり体が活動的になる。
  • 一定量を浴びることで、夜間のメラトニン分泌量が増える。

 



朝に太陽光を30分以上浴びよう関連ページ

朝の「脳活性化」方法
空気清浄機は不眠症に効果があるのか?