腰が痛くて、寝つきが悪い

マットレスが体に合っていない?

マットレスが体に合っていない?

腰痛に悩みを持っている人は、マットレスを自分に合ったものに合わせる必要があります。
マットレスが硬すぎると腰が浮いてしまい、逆に柔らかすぎると腰が沈み込み、眠っている間に腰に負担をかけてしまうのです。

 

腰痛がある人は「硬めのマットレスが好ましい」と言われることもありますが、
必ずしも正しいとは限りません。

 

マットレス選びは体型ごとに目安とされるものがあり
  • スリムな人=やわらかめ
  • 標準体型の人=中くらい
  • 筋肉質のがっしりした人=硬め

 

【マットレスの選び方】
  • ちょうどよい硬さ

首から腰までが、きれいなS字カーブが保てる。スムーズに寝返りができる。

  • 硬すぎる

腰が浮いたり、つま先が外側に開いてしまう場合は硬すぎです。背中、腰、かかとが圧迫されてしまい、筋肉もこわばり、寝返りもしにくいです。

  • やわらかすぎる

腰が沈む場合はやわらかすぎます。
寝返りの軸となる腰、ひじ、ひざにうまく力が入らないため、寝返りがしにくいです。

 

やわらかいマットレスが合うはずのスリムな人が、硬めのものを快適に感じてしまうことがありますが、それのほとんどは枕が高すぎるために起こることです。
枕が高い場合、頭が持ち上がって腰が伸びてしまうので、腰がマットレスにきれいについてしまうことにより、とても楽に感じます。硬い分、沈み込みがないので、確かにしっくりくるのですが、枕が合っていなければ首や肩に負担をかけてしまいます。

 

逆にスリムな人が体型に合っている低めの枕を使って、硬めのマットレスに寝ると、今度は腰が反ってしまいます。腰のすき間が埋まるくらいの柔らかさはあった方がいいです。

 

タオルやクッションを使用して腰痛を緩和する

腰痛は寝方によって、緩和することができます。体に合っていないマットレスであお向けに寝ると、腰に負担をかけてしまいます。
そのような時は、膝の下にクッションを置いてみると、だいぶ楽になります。また、エビのように丸くなって横向きに寝る方法も効果的です。

 

もう一つの方法は、フェイスタオルを使うやり方です。フェイスタオルを三つ折りにして、腰の下に敷き、腰と布団の間にできている空間を埋めます。
タオルの厚みや置く位置などは、心地よさを目安に、自分で調整します。

 

色々と試してみて、自分に合った方法を見つけるようにしましょう。