睡眠は櫃の器を大きく変える

私たちは人の風格や考え方、価値観を「器の大きさ」に例えて表現します。自分自身の「器」を大きくし、大らかで人に優しくなりたいと考えるのであれば、まずはしっかりと睡眠をとるようにしましょう。

 

  • 睡眠不足のときの、心身の状態を想像してみましょう。
  • 頭がぼんやりしてミスを起こしやすく、意欲が低下する。
  • イライラと短気になり、自分の事だけでキャパオーバーになる
  • 睡眠不足のときは、確実に人の器は小さくなる。

 

しっかりと睡眠

自己中心的で器が小さくなっている自分を、責めたりしてはいけません。ただ、しっかりと睡眠をとればいいだけです。ぐっすりと眠って気持ちよく目覚めた際には、気分も前向きになります。足取りも軽く、自然と笑顔で挨拶ができることでしょう。

 

私たちは、自分の器を大きくするために、読書をしたりインターネットで色々な情報を収集したり、セミナーや研修に参加したり、人と会って刺激を受けようろします。

 

しかし、睡眠不足が影響して器が小さいままなのに、色々と必死に頑張ったとしても、その結果は小さな器に見合って程度しかありません。

 

眠りにつくときには、深くゆっくり息を吐きながら、意識を広げていくようにしましょう。まずは眠ってリラックスして、器の大きい状態を自分に体験させることが重要です。その大きな器で1日をスタートすれば、大きな成果を手に入れることが可能です。