睡眠薬の副作用

睡眠薬の副作用

今回は、睡眠薬の副作用について簡単に説明しますね。
睡眠薬を飲むのは極力避けたいですが、飲まざるを得ない時もありますよね。
そんな時は、他の薬と同様、どんな副作用があるのかあらかじめ知っておくことが大事です。
わからない時などは、最初にお薬をもらう時に、お医者さんによく聞くことも大事ですよ。

 

睡眠薬を飲んだ時に出やすい副作用

睡眠薬を飲むと以下のような副作用が出ることがあります。

 

朝眠たくて、だるい。

睡眠薬を飲んだ時に出やすい副作用

効果が翌朝以降も続いてしまうことが原因で、眠気やふらふら感、脱力感、頭痛倦怠感などが起こります。高齢者ほど感じやすい傾向があります。

体に力が入らない。
筋肉が自然とゆるんでしまい、力が入りにくくなる作用です。
身体がふらついたり、転んでしまったりします。高齢者に強く出やすいのでくれぐれも注意してください。

薬を飲むと飲んだ後の記憶がなくなる。

薬を飲んでから寝付くまでの間や、夜中に目が覚めたことや、朝目が覚めてからなどのことを忘れてしまう記憶障害が出ることがあります。
薬を飲んで、長時間起きていると出やすいので、飲んだら早くベッドに入るように気を付けてください。アルコールと一緒に飲むと出やすいので併用は絶対にやめてください。

早く目覚めたり、昼間の不安が強くなる。

朝早く目覚めてしまったり、昼間に不安感が増すことがあります。いずれにしても、薬の効果が早めに切れることが原因です。

 

睡眠薬をやめるときに出る副作用

長く睡眠薬を飲み続けた場合、薬を急にやめると以下のような副作用が出ることがあります。

 

薬を飲む前より強い不眠症になる。

薬を飲む前より強い不眠症になる

睡眠薬を使い続けて眠れるようになった時に突然、薬を辞めると、薬を飲む前よりも強い不眠症に陥る場合があります。

不安や焦りを強く感じるようになる。

長期間飲み続けていた睡眠薬を突然やめると、更には特に大量に長期にわたって飲んでいた場合、強い不安感や焦燥感、ひどいときにはふるえ、発汗や、発作的な症状が起こることがあります。

 

薬をやめるときは、お医者さんとよく相談して、徐々に薬を減らしていくことが大事ですよ。