不眠症体験者のエピソード

日頃からカンセリングを行っていると、不眠症で悩んでいる方にも多く出会います。
ここでは実際に不眠症に悩んでいる人の体験談を紹介していきたいと思います。

 

不眠症といっても人それぞれで症状や悩みは様々です。
実際の声を聞き、自分自身と向き合って見て下さい。



不眠症になったら出来ることから…

26歳男性のエピソード

不眠症の経験があります。今不眠症はありませんが23歳の頃まで悩まされてきました。
夜勤が多く睡眠時間が不規則で資格取得のための勉強のストレス、その時期に重なった精神的な疲労がきっかけで不眠症になってしまいました。
通院し薬を処方され治療するという一般的な流れで治るだろうと思っていました。
しかし、なかなか良くならず不眠は長引きました。

 

そんな中、資格を取得し勉強で得た知識がこの長引く不眠症を克服する助けとなりました。
医療系の職に就くために東洋医学や解剖学などを学んでからは薬も飲みながらそれを実践し始めました。最初にし始めたことは一番簡単と思われる日光を浴びることから始めました。
しかし夜勤をまだしていたため朝が辛くなかなか起きられないため思うように朝日などの日光を浴びることが出来ない日が多々ありました。
が、習慣付いて来たころ目覚める時間が少しづつ早まり始めました。

 

起きているためにはセロトニンというホルモンが出ていないと眠くなってしまうため、日光はそのセロトニンを分泌させるための助けになるのです。
それが上手く働いたのです。それでもまだ夜は寝つきも悪く中途覚醒が続いていました。
夜寝付く前のホットミルクが良いという情報もあり試しましたが私には合わなかったようでした。

 

寝付けないどころかトイレへ行く回数が多くなり次の日の朝の疲れがより一層強いものになってしまったため、それきりにしました。
その代りに寝床には電子機器を持って行く習慣をなくすように心がけることにしました。
携帯もそうですが音楽プレイヤーやテレビ、高周波ノイズが出そうな機器も電源を切って布団に入るようにしました。

 

この作業をやり始めて気付いたのは意外と高周波ノイズが今までうるさかったということでした。
でもこの状態も寝付けない時には携帯をいじりたくなったり、静か過ぎて余計に眠れないこともあり臨機応変にすることで解決しました。
それでも基本的には寝る前に脳への刺激となってしまわないようにするため、この習慣も続けました。それと同時に冷えを改善することへのアプローチもしていました。

 

恥ずかしながら私は男性でありながら冷え性持ちでしたので夜の特に寒い時期の布団が辛くてたまらなかったのです。
靴下は窮屈で寝心地が悪く感じたため湯たんぽとヒートテックなどの股引きのようなものを使用しました。足を良く動かして血流を良くすることにも努めました。特にヨガやストレッチは気持ちも良いですし誰にでも簡単にできるのでおススメです。

 

食事も体が無駄に疲労して回復力が遅くなり新陳代謝を落とす可能性のあるお肉などの消化に時間のかかる食べ物や油ものは控えるようにしました。
血液の浄化作用のある海藻や梅干し、生姜などをこれまでより多く摂るようにし食事も食べ過ぎないように気を付けました。
甘いお菓子なども膵臓や肝臓の疲労を助長しかねないので量を減らしてゆきました。とにかく体の疲労を出来るだけ少なくするようにあらゆることを試し体に合うものは徹底しました。
今ではそのおかげで冷え性も改善されつつあり布団に入っても冷えて目が覚める頻度も減りました。代謝が良くなったことで血流も良くなったためか疲れやしんどさも軽減されてゆきストレスも目に見えて減りました。

 

それでも一番大切なのは心の持ちようなのかもしれません。
ストレスを溜めない考え方や不眠は焦って治すものではないことを頭に入れておく方が良いのではないかと思っています。眠れなければ眠れないことを責めたりそれを不安に思わないことも大事です。私は薬を飲んでもどうにもこうにも寝付けない時は眠れそうにないのでそのまましたいことをしたりしていました。本を読んだり静かに音楽を聴いたり軽い書き物をしたり、リラックスして取り組める刺激にならないことをしていました。

 

それから、もう一つ。
それは医師に頼り切りにならないことも意外と重要です。
薬には副作用があります。
本来は自分の体の機能で眠ったりするはずのところを一粒の薬で同じような働きをさせるのですから強力に体に影響を及ぼします。
人工的に作られた薬は自分の体に本来備わっている自家製の成分とは異なっているため害がないとは言い切れないのです。
今では漢方や睡眠外来というものがあり不眠にも対応してくれるそうです。
不眠になっても自分でできることは沢山あります。

 

自分で実行していて効果が目に見えないときは気分が落ち込むこともあると思います。
私も時間はかかりましたが自分でできることをしたからこそ現在回復し眠れており、もう不眠症にならないだろうというちょっとした自信も生まれました。
不眠はゆっくり丁寧に自分でできることから少しづつ。だと私は思っています。

 

不眠と食事の関係…

23歳女性のエピソード

今は不眠症は治っていますが、ついこの間まではその症状に悩まされていました。
そして私の父も少し不眠の気があり一緒に療養していました。
家族で不眠の症状が出たのは私と父だけで寝つきの少し悪い兄弟もいますが母も何もなく、遺伝だろうかなどと頭を悩ませていました。

 

父は現在40代、若い頃から寝つきは悪かったようで私は20歳頃から同じように寝つきの悪さと夜中に目が覚めてしまう症状が出始めました。
医師にかかり不眠と診断されてからはロヒプノールという睡眠薬とレボトミンという鎮静作用のある薬を処方され飲んでいました。始めはそれで症状がおさまったように感じていましたが暫くするとまた眠れなくなり体調も以前より少しずつ悪くなっていました。

 

会社員として働くのは無理でしたのでアルバイトをしていましたが、それすらも体がついてゆかず辛くなっていました。仕事さえもできなくなる。このままではいけないと睡眠と名のつく書籍や情報をかき集めては貪るように必死に読み漁りました。
その中で見つけたのが食事療法。
あまりにも意外な情報で目からうろこでしたが自分の症例に良く似ていたため興味を持って読み進めていきました。

 

疲労感にだるさはもちろんなのですが、冷え性に胃が弱いこと、目の下にクマがあること、間食が多かったり食欲を抑えられないことや気分の変動が激しいこと等々私や父に思い当たる内容が書かれていました。
そしてこれまで悩んでいたものは不眠症ではなく低血糖症だったということが分かったのです。
心身に起きていた不定愁訴ともいえる症状は不眠と繋がっていたのです。
低血糖と聞くと糖尿病患者に起こることと思いがちですが正確には機能性の低血糖症で、体の生理機能に支障をきたすものであるため誰にでも起こり得るものです。

 

そしてその原因は砂糖。
正確には精製糖などの直ぐにエネルギーに変換しやすい単糖類のことになりますが、どこにでもありふれているものです。メカニズムはそれらを日常的に摂取することによる血糖値の急激な上昇と下降で体の生理機能が恒常性を失い諸症状を起こすというもの。
私と父の場合、その血糖を調節するホルモンの乱れにより交感神経と副交感神経の働きが損なわれてしまったため不眠症という形で強く表れたのだと思います。

 

また家族の中で私と父だけが虚弱体質であったため他の不定愁訴を伴って顕著に症状が出ていたようなのです。
それが分かってからは家族で話し合いみんなで砂糖をどうにかしてみようということになりました。まずは甘い物を減らす所から始めましたが、家族みんな甘い物が好きであったため我慢するのが大変でした。
今までは食べたいと思えばケーキやチョコレートなど甘いお菓子を好きなだけ買って食べていましたから何度も心が折れてしまいそうになっていました。
それでもサツマイモやフルーツ類はちょっとは食べて良かったのでそれを今までの代用にしながら家族みんなで頑張りました。

 

変化はゆっくり表れ不定愁訴が少しづつ軽くなり始めてから私も父も1か月から3か月をかけて薬から離れる事が出来、眠れるようになりました。
寝つきが悪かった他の兄弟も良く眠れるようになりました。家族みんな治った今でももの凄く甘い物はには気をつけるようになり食事により気を配るようになりました。

 

あんなに辛い不眠に出会わなければ情報収集することもなく食事のことなど気にすることもなかったと思います。
でも、食べ物が不眠を起こす可能性があるということを身をもって体験し、自分の口にするものはきちんとした知識を身につけた方が良いということを学ぶことができました。

 

不眠と人間関係…

25歳女性のエピソード

21歳の時に不眠症だと診断されました。
正確には高校生の卒業を迎える辺りから眠れない日が多々有りました。
きっと成長ホルモンのせいだろうなどと思って気にしてはいませんでした。
しかし、高校卒業と同時に働きだし、一人暮らしも始め不眠症はゆっくりと進行していきました。

 

仕事で疲れているはずなのに布団に入っても寝付けず次の日の朝がもの凄く疲れていたことを覚えています。それがじわりじわりと悪化し完全な不眠症になりついにはせっかく就いた職も辞めざるおえなくなり現在に至ります。

 

不眠症で起きた変化は体の事だけではありませんでした。
私を取り巻く環境、つまりは人間関係も変わっていきました。
それまで上手く行っていた仕事では不眠症で疲れ切った体に鞭打って出勤しても覇気がなくやる気がないように見られてしまい、態度が気に入らないと言われたりすることがありました。
きっと高卒のくせに元気がないのでそう思われてしまったのかなと思います。

 

仕事に支障が出始めた辺りからは会社に居るのが辛い程ミスや失敗を責められることが多くなり不眠症の診断を受けたのをきっかけに退職しました。
原因を知った同僚からは言ってくれれば良かったのにと最後に言われました。
働いていた当時、高校の時から付き合っている彼氏もおり、大学に通っていました。
間近で私の症状の変化を見ていたひとりです。

 

始めは少々眠れないだけなら特に問題はありませんでしたが、進行し疲れが抜けなくなってくると自宅で休んでいたいため出掛けたりすることが億劫になり眠気が酷い時は彼氏とのコミュニケーションが図れなくなっていきました。
最初は彼も心配してくれていました。しかし、診断を受け薬を飲みだして少し経った頃から私と距離を置くようになりました。
その当時貰っていた薬は睡眠薬と抗不安薬。不眠症の原因がPTSD(心的外傷ストレス障害)と分かったため抗不安薬も出されていたのです。

 

高校生の時に親が離婚した事が原因でした。このことは自分の問題なのだから彼氏には言わないつもりでした。
でもお互いに結婚を考えていたため不眠症を理解したいと言われ正直に原因を話しました。
それからは色々なことに気を配ってくれたり時間があれば病院にもついてきてくれていました。
けれどやはり距離は縮まず別れることになりました。
寝る前に薬を飲む習慣が儀式のように見えて辛かったり、大学生なのに私に気を使うと自分のしたいことなど出来なかったり、他の普通に元気で明るい子と居たいなど言われました。
不眠症の原因である親の離婚で体がおかしくなることが理解出来ないという事が一番のきっかけだったようです。

 

彼は体育会系で家族がとても仲の良い中で育ったので理解が出来ないということは仕方ないと、もの凄く落ち込みましたがそう思うように努めました。
それからは自分の不眠症を人に話すのが怖くなってしまい人に会うことも嫌になってしまいました。そのせいで一時うつ病にもなりましたが今は不眠症と自分の抱えるPTSDの治療をカウンセラーと行っています。
大切に思っていた人との関係が不眠症やその原因のPTSDのせいで壊れてしまったことは本当に悲しく辛かったです。

 

この症状を治さないことには新たな人間関係を作っていくことは難しいとも感じています。
治療をしているとこのまま治らなかったらという不安にかられます。
不眠症ではなかったら色んな人と出会い、もっと楽しいこともしているはずの年齢なのに治らなければずっとひとりかもしれないと思うからです。
だから、私はこの先ひとりでは居たくないと思うからこそ治療をして、治ってまた人と普通に関われるようになりたいと思っています。

心からくる不眠.…

23歳女性のエピソード

現在不眠症を患っています。
不眠症の診断を受けたのは19才の頃。周りの同級生達とは同じように進学はせず家庭の事情から高校を卒業して直ぐに働いていました。
薬はロヒプノールという睡眠導入剤を出されていました。

 

まだ不眠と言っても眠るきっかけさえあれば何とか眠れる状態ではありました。
入眠困難の症状が出ていたのは確かでした。
それでも、完全に眠れているわけではないので体の回復は遅く次の日の朝目覚めても体は重く疲れ切っている状態でした。
そして、実はこの時もう一つ薬が医師から出されていました。それはルボックスという主にうつ病や心の障害に対する薬です。その理由は強い不安感を私がうったえたためです。

 

その後、約1年その薬を飲み続け仕事を何とかこなしていました。
しかし、薬が徐々に効かなくなって来ていました。
通院していた精神科の医師はそれ以上に強い薬は出したがらず、あくまで様子を見ましょうの一点張りでした。入眠出来ても今度は何度も目が覚める中途覚醒を起こしており、この時体はほとんど回復せずに限界に近い状態でした。

 

仕事にも支障が出始め辞めることも考え始めていました。
当然追い込まれていました。が、相談できる人も周りにおらず私が選んだのがセカンドオピニオンでした。当時では珍しい心療内科を併設している病院の精神科の医師を訪ね、これまでのお薬手帳も一緒に渡し診断にのぞみました。その診断の結果は不眠症はもちろん、新たに不安神経症とパニック障害とうつが加えられました。

 

光トポグラフィーによる脳の検査も受けましたが統合失調症でもなく異常もないとのことでしたが心のケアが必要になってくると言われました。
臨床心理士かカウンセラーによるカウンセリングも考えておいて下さいとも初見から促されました。そして医師から出された薬は睡眠導入剤と睡眠薬、抗うつ薬と自分の過去を振り返る作業をする課題でした。
今までとは全く違う治療の仕方に少々戸惑いましたし、これでどうにかなるのだろうかとも思いました。それに過去を振り返って不眠が治るとも思えませんでした。

 

それでもこれ以上症状が進むことも恐ろしくて取り敢えず出来ることからやっていきました。
課題は自分の心の癖を見つける所から始まりそれが何に繋がっているかを考える作業をしました。そしてそれが過去のいつから始まったことなのか、その時は何歳でどんな時期だったのかなどを思い出す作業を主にしていきました。

 

その間薬はより体に合うもの見つけるため効能が同じでも成分や配合が異なるものを試すために何度か違うメーカーのものを出されたりしていました。
課題も医師とカウンセラーに毎回出していました。そして分かったことは自分の心に出ている障害は家庭にあったということでした。

 

元々子供と接するのが苦手な親の元で育った私は知らないうちに慢性的なストレスを抱えて現在の症状になっていたようなのです。
今思えば小学生の時にしばしば眠れない日があり夜中まで起きざる負えない時があり、酷いと胃潰瘍に苦しんだことなどが症状の始まりであったのです。
世の中で叫ばれているAC(アダルトチルドレン)の親であったと考えられるのです。

 

それを当たり前と思って生きてきたため心が受けている影響に自分では気付かなかったのです。症状が出て初めて気付き、そこからが本当の治療なのだと改めて感じています。
そして現在、私は明らかになった自分の心と向き合う作業を少しずつ時間をかけながら医師やカウンセラーの助けをかりながらしています。不眠はまだ完全には治っていませんが軽くなっており、心の障害も以前より理解できるようになりました。

 

仕事は残念ながら辞ることになりました。治療に専念するためです。
これからも薬による治療とカウンセリングによる認知療法は続きますが心の問題とその症状の一つである不眠症がなくなることを信じて養生したいと思っています。

 

不眠による体と心の変化…

27歳女性のエピソード

私は20歳から不眠症です。
その診断から程なくしてうつ病も併発していると再度診断されました。
現在も不眠は続いていて投薬治療をしているのですが中々よくなりません。

 

相性もあるのかと思われますが常用や依存を避けるため何度も薬が変わっています。
グッドミンという睡眠薬とプロチアデンと言ううつ病の治療薬が主に出されています。
ですが徐々に症状が重くなってきているので最近睡眠薬がハルシオンに変わりました。

 

この7年間は色んな変化がありました。
体の変化は不眠により疲労の回復が遅いことと世の中では思われがちですが、それ以上です。
もちろん疲労の回復は遅いのですが、ほとんど前日の疲労はそのまま次の日に持ち越されているような感覚です。
なのでそのまま何か頑張って余計に疲労しようものならまたそれが次の日に持ち越されてしまうため悪循環を起こしている状態です。
だからいつでも眠気がありますし昼間が大変しんどく横になっていることが多いです。
生活の中でも何か行動しようとすればその代償が至る所に起こってきます。

 

食事の用意も簡単なものでもままなりません。
用意するのも気力体力共に大変に消耗します。
集中力が低下しているため包丁でカットする作業は本当に疲れます。
コンロの火が着いているにも関わらず注意力が散漫になっているため消すのを忘れ焦がしてしまったり、あわや家事を起こしかけたこともありました。

 

このようなことがあってからは他の家族に食事の用意をお願いしています。
これだけではありません。
動作も遅くなり鈍くなるため何をするにも時間がかかってしまうのです。
入浴も1時間が当たり前な時が多いです。
頭を洗いあげるとそれだけで息切れがし酷いと動悸が起きます。休憩無しには次の体を洗う動作ができないんです。

 

そうなると階段や歩きの外出や遠出が出来ないことがお分かりかと思います。
以前は平気であった車でさえ酔ってしまい直ぐに気分が悪くなり吐き気がはじまります。
外出が困難なのには日の光が耐えられないほどまぶしく感じることも理由の一つです。
それと同時にその刺激で頭痛も出ますし、それは屋内の蛍光灯でも起こることが多々あります。
そのためカーテンは閉め切っている方が多いです。
光だけでなく刺激は音でも同じで神経過敏になっているため健常者には日常的に普通の雑音でも私にとっては騒音に感じられます。

 

私にだけ聞こえていて家族は全く聞こえていないという事は何度もあります。
これら症状も辛いですが私にとって一番辛いことは不眠症により精神に起きている症状がうつ等も含め、心の問題として耐えられない程の苦痛を与えていることです。
気力が出なくなるため何もしたくない、というよりできないので何事もあきらめてしまいます。
それは生活のために欠かせないことだけでなく自分の未来や生きている限り続く自分に関わる全ての事柄に及びます。

 

症状に耐えられないと家族に当たってしまったり寛容さが無くなり我慢ができなくなったりします。
それも症状の一つと分かっていても自己嫌悪と呵責に苦しまない日はありません。
何も出来ない何も役立たない自分は生きている意味はあるのだろうかと思うことも多くなりました。そしてそんなネガティブな自分と居たいと思ってくれる人はいないだろうと悲観的になり余計に眠れなくなるのです。

 

ある程度この症状は薬の副作用も相まって出ていると感じているところもありますが、副作用の出方は個人差があるためはっきりとそのせいであるとは言い切れません。
この7年間で自分の取り柄であった明るさは微塵も残っていません。
何か抜け殻にでもなったようなどうしようもない気分です。
それでも、不眠が治ることを信じていなければ薬を飲むことさえあきらめてしまいそうになります。不眠症は体だけでなく人の心も変えてしまう可能性がある恐ろしい病気だと思います。

 

もし不眠の症状が少しでも出ている人がいるなら重度にならないために我慢せず専門医に診てもらうことを私は強くおすすめします。