足湯ですこやかな眠りへ

体が冷えてしまうと、健康に色々な支障が出てきてしまします。
どのような支障が出るかというと、血液の流れが悪くなり、体内のあらゆる臓器の機能が低下してしますのです。ひどくなると腎臓や肝臓にも影響がでてきます。この臓器が弱ってしまうと老廃物や余分な水分を体外に出す機能が衰えてしまい、体内に老廃物等がたまり、、さまざまな病気を引き起こします。
主な病気は

  • 胃腸病
  • 月経痛
  • 脳梗塞
  • がん

などがあげられます。
このことからもわかるように、冷え性はさまざまな病気の原因になりうるのです。
また冷え性の多くの人が、寝る時に足先が冷えて中々寝ることが出来ないと訴えています。

 

体が冷えて寝れない時は足湯で温まろう

では体の冷えをとるのに何が効果的かというと、「足湯」です。
体の全身を暖めるには入浴をすればいいのでは?と思う方が多いですが、それでは表面上の冷えしか
とることが出来ず、芯から冷えをとるには足湯が最適なのです。
,
理由としては、足は第二の心臓とも呼ばれていて、体じゅうを回ってきた血液を心臓へ送り返す働きをしています。足を温めれば、十分に温まった血液が全身をめぐることになるので効率よく体の冷えをとることができるのです。

 

足湯によって全身の冷えをとると身体がリラックスした状態になります。
そうすることで寝るときの足の冷えも気にならなくなりまます。

 

足が冷えてなかなか寝れない方は試してみてはいかがでしょうか。

 



足湯ですこやかな眠りへ関連ページ

頭皮のツボ押しヘッドマッサージで不眠改善
眠れない時には「寝酒」を活用
なかなか寝ることができない人は、就寝前にお酒を飲むと、心地よく眠りにつけることが多いです。ここでは寝酒の正しいのみ方や種類を紹介します。