眠れない時には「寝酒」を活用

就寝前にお酒を飲むとよく眠れるという方は多いようです。
しかし、お酒の種類や量などの鉄則を理解しないで飲んでしまうと、逆効果になってしまいます。

 

重要なポイント

お酒の量について

寝酒のお酒の量

お酒を飲む量ですが、ほろ酔いの一歩手前で止めておくことが重要です。飲み始めるとついつい量を飲んでしまいがちですが、飲みすぎてしまうと、夜中に目が覚めてしまったり、翌日に二日酔いになてしまったら全く意味がありません。

 

また、アルコール度数の低いビールなどは、ほろ酔いになるまでに量をたくさん飲まなければならず、トレイが近くなるので、真夜中に起きることが多くなります。

 

お酒の種類

寝酒にはウイスキーが最適

アルコール度数が低いと量を飲んでしまうので、度数が高いお酒が最適です。
その中でウイスキーは値段もお手頃で、ウイスキーに砂糖を入れて炭酸で割ると、とても美味しくて飲みやすくなります。
また、炭酸水には胃の働きを活発にするので、お酒の吸収率を高めてくれて、量をあまり飲まずにほろ酔いになれます。

 

お酒を飲むタイミング

お酒を飲むタイミングとしては、寝床に入る一時間前ぐらいが最も有効です。
理由としてはお酒を飲んでから、酔いが回るまでの時間がちょうどそのくらいだからです。

 

このように正しく就寝前にお酒を飲めば眠れない時などは効果が期待できます。
しかし、眠れないからといってお酒の量を増やすと、アルコール依存症にもなりかねないので、あくまでも眠れない時などの気分転換にという感じで飲むようにしましょう。

 



眠れない時には「寝酒」を活用関連ページ

頭皮のツボ押しヘッドマッサージで不眠改善
足湯ですこやかな眠りへ
足湯で全身の冷えを芯からとりのぞくことで、すこやかな眠りに入ることが出来ます。