免疫力を高めることができる睡眠のコツ!

免疫力を高めることができる睡眠のコツ!

免疫力が低下すると風邪はもちろん、色々な感染症にかかりやすくなります。免疫力が低下する原因は様々ですが、睡眠不足も免疫力を低下させる大きな原因と言われています。
免疫力には自律神経が関わっており、乱れてしまうと免疫力低下へ繋がります。
自律神経を整えるには休養をしっかりと取り、ストレスをためないようにする必要があります。
睡眠中は副交感神経が活発に働いていて、体をリラックス状態にすることで自律神経を整えて免疫力を維持するので、睡眠時間の減少は免疫力の低下へと影響します。

人によって必要な睡眠時間は異なる

人によって必要な睡眠時間は異なる

睡眠時間は人それぞれで、4時間でいい人もいれば、7時間必要という人もいます。免疫力の維持だけを考えれば深夜0時〜3時の間は眠っているようにしましょう。
その時間帯は、成長ホルモンが分泌されて痛めた細胞の修復が行われたり、新しい免疫細胞を作り上げます。

免疫細胞を高める睡眠とは
深夜0時〜3時の時間帯は寝るようにする。

この時間帯は新陳代謝が上がり、成長ホルモンがたくさん分泌されます。成長ホルモンは細胞分裂を活発にし、傷ついた細胞を修復したり、免疫細胞を増やす働きがあります。

就寝前に青汁を1杯飲む

青汁には睡眠を促すメラトニンというホルモンがたくさん入っています。就寝前にコップ1杯飲むと、とてもぐっすりと眠ることができます。

カーテンや布団の色を青色にする
青色には気持ちを鎮めてリラックスさせる効果があるとされています。寝る時に目に入りやすいカーテンや布団の色を青色に変え、眠りやすい環境造りをしましょう。