朝起きた時間で、何時に眠くなるかが決まる

朝起きた時間で、何時に眠くなるかが決まる

決まって日曜日のよるになると、なかなか眠くならない…これは仕事のストレスなどではなく、朝寝坊に原因があるかもしれません。実は、知らない方も多いのですが、何時ごろに眠くなるのかは、朝何時に起きたかで決まります。

 

睡眠のリズムには、

  • 起床後15〜16時間後から睡眠を促すホルモンであるメラトニンが分泌し始める。
  • そこから1〜2時間すると体は自然と眠りにつく。

例えば、朝7時に起床した場合は22〜23時頃から眠くなりはじめ、23〜24時頃に眠りにつきます。しかし週末に夜更かしをして、朝の10時まで寝ていたとしたら、夜眠くなるのは2〜4時頃なので、日曜日にいつもの時間に眠くならないのは当たり前です。

起きる時間を一定に

睡眠のリズム

よい睡眠をとるためには休日、平日ともに同じ時間に起きることが大切です。もし、就寝時間が変わることがあったとしても、起きる時間を2時間以上はずらさないようにしましょう。
そして寝不足で迎える月曜日の夜は、早めに床について睡眠リズムを整えることが大切です。