平均睡眠時間と睡眠時間を増やすもしくは減らすには

人間が健康で正常な生活を営むには睡眠は欠かせません。
睡眠を取ることで、体の疲れや脳の疲れを取り除き、明日からの活動に備えられるのです。睡眠を取らなければ、体の疲れが取れず、正常な社会生活を営めない他、様々な弊害や疾患が見られるようになってきます。特に睡眠不足が続くと、体内時計が乱れ、やがて自律神経に弊害が生じます。

 

夜になっても眠れず、朝方になると急激な眠気に襲われると言う不眠症を患い、不眠症が悪化するとやがてうつ病やパニック障害、強迫神経症など精神疾患を患うようになるのです。食事などと同様、いかに睡眠が人間にとって大事かは言うまでもありません。

 

平均睡眠時間

平均睡眠時間

日本人の平均睡眠時間は7時間や8時間とも言われます。しかしながら仕事をしていたり、子育て介護などをしているとなかなか平均睡眠時間だけ寝ることはできません。どうしても生活のなかで睡眠時間を減らす、日によって増やすなどの調整をしいられるものです。

 

しかし睡眠時間は長ければ長いほど良いというものでもないのです。レム睡眠、ノンレム睡眠といったメカニズムを良く理解し、うまく入眠して途中起きずにぐっすり眠れば、精神や体の機能は健康に保てるものなのです。

 

睡眠前にリラックス

入眠のまえに、ぬるいシャワーを浴びたり、ハーブティーなどで体を少し温めると、スムーズにレム睡眠(浅い眠り)を誘うのです。するとすぐに入眠できやがて体温が上手く低下していきノンレム睡眠(深い眠り)に誘われるのです。途中起きずにぐっすり眠り続けるには、心地よい寝具たとえば寝汗などを上手く吸湿吸水するものを選んだり、照明を眠りを誘う薄暗さにしたり、ハーブやお香など気持ちをリラックスさせるものを用い睡眠環境を整えることが大事なのです。

 

途中起きなければ、短時間の睡眠でも良質な睡眠を実現でき、心身を健康に保つことができるのです。短時間の睡眠でも朝起きて太陽を浴びるだけでも体内時計がリセットでき、自律神経を整えることができ健康や良質な睡眠を維持することが可能なのです。