赤ちゃんの睡眠について

赤ちゃんの睡眠は成長ホルモンの分泌へとつながり、脳の発達や体の発育に必要不可欠なものとなっています。
特に産まれたばかりの赤ちゃんは、まだ昼夜の区別がついていない為、1日中ほとんどを眠って過ごしています。

 

その平均睡眠時間は約16時間ともいわれますが、半分以上は浅い睡眠である為、少しの物音や気配にも敏感に反応して起きてしまうことがほとんどです。抱っこなら眠るのに、布団に寝かせると起きてしまうというのもこの為です。

 

ところが生後4ヶ月頃になると、段々と朝と夜の区別がついていき、平均睡眠時間も減っていきます。更に生後6ヶ月頃には朝に起きて活動し、夜に睡眠をとるという生活リズムができていきます。

 

この小さな赤ちゃん達にも、寝つきが良い、悪い、ぐっすり眠れる、すぐに起きてしまう、あまり寝てくれない、寝すぎて心配など、様々な個性があり、親は他の子や平均と比べて不安になることもあるでしょう。

 

しかしそのような個性は、大人の性格などにも存在することなので、それを上手に受け止め、あまり悲観的にならずに、赤ちゃんに合わせてできるだけ眠りやすい環境を整えてあげたいものです。

 

その為には、お風呂の時間を日によってバラバラにしたり、夜なのに大人がテレビを観ているような、明るい部屋に寝かせたりするという、生活のリズムを崩すことは避けるべきです。
そして朝はしっかり陽の光を浴びさせ、散歩などをすることも良いでしょう。

 

生後6か月も過ぎ、赤ちゃんがハイハイやつたい歩き、1人歩きなどができるようになってきたら、昼間は十分に遊ばせることも必要となってきます。
心地よい疲れによって、段々と深い眠りの割合を増やしていくのです。

 

成長ホルモンを分泌させる為には、この深い眠りこそが重要なのです。
この努力を惜しまないことによって、2~3歳くらいになると、昼間は思い切り遊んでくれて夜にはしっかり眠るという習慣が、どの子にも同じようについてくるのです。



新生児のときにはしっかりと睡眠をとってタップリと母乳を与えることが大切です。ただ、新人ママの場合には、うちのこは寝過ぎではないか、またはおっぱいも必要以上に与えて良いのかとちょっとしたことが気になり、自分自身の育児方針がこれでよいのかと思い悩んでしまうことがあります。そこで、新生児の子育ての指針として睡眠時間の目安を紹介します。

 

寝る子は育つというように、よく寝る赤ちゃんはすくすくと育ちます。睡眠が赤ちゃんの脳の発達を促進するので、とにかく赤ちゃんがタップリと睡眠をとることは赤ちゃんの健やかな成長にとって大変好ましいことであるので心配をする必要はありません。

 

赤ちゃんが生まれると、特にいつも赤ちゃんと一緒にいるお母さんの生活は赤ちゃん中心の生活に変わるので、よく眠る赤ちゃんはお母さんにとって助かることでもあるので、時々様子を見ながら好きなだけ睡眠を取らせてあげることが健やかな成長につながります。

 

ただ、新生児のうちはあれだけたくさん眠っていたのに、少し大きくなったらあまり寝てくれなくなったり、眠ったはずがすぐに泣きだして育児には最も大変な時期に突入します。お母さんが疲れてしまわないように、できるだけ赤ちゃんの睡眠時間のリズムについて知っておくことを推奨します。

 

生後一ヶ月までの新生児の時期には昼夜関係なく赤ちゃんはよく眠る傾向にあります。しかしながら、生後2ヶ月ほどになると睡眠時間がずれ始めて数時間ごとに起きて授乳をする必要があったり、夜寝て欲しいのに寝てくれなかったりと睡眠のズレが生じるようになります。

 

これは一過性のものなので、3ヶ月以降になると赤ちゃんも大人と同様の24時間の生活リズムができるようになります。新生児の時に母乳で育てることを進める理由は、母乳に含まれるメラトニンという睡眠を促す成分が含まれることから、赤ちゃんの睡眠を促す効果があります。できれば母乳での子育てが好ましいです。

初めての出産を経験すると、今度は初めての子育てが始まります。
子育ての際に大切なのは赤ちゃんの睡眠時間について把握しておく事です。

 

生まれたばかりの赤ちゃんというのは、1日の16時間から20時間は睡眠中となります。
時間だけ見ると、ずっと寝ていて手がかからないようにも見えますが、20時間寝て4時間起きている、そんなサイクルではありません。

 

赤ちゃんの睡眠時間

生まれたばかりの赤ちゃんというのは、生まれてから3ヶ月位までの間は朝も昼も夜も関係ありません。その上、新生児の頃は1回が3~4時間という短い睡眠を繰り返していきます。そして目が覚めるたびに、おむつやおっぱいなど世話をしていく必要があります。お母さんはそれに合わせて生活をしていく事になるのでとても大変です。

 

そして、何が大変かといえば、この睡眠時間は、決まった法則がない事です。赤ちゃんによって、とてもよく眠る子もいれば、睡眠時間が短い子もいます。それこそ人それぞれなので、先輩ママなどの「うちはこうだった」というのはあまり参考になりません。ですから、自分の赤ちゃんの睡眠のサイクルと向き合って、自分達に合ったペースを見つけていく事になります。

 

生まれてから数ヶ月は寝るのが仕事のような赤ちゃんですが、その後は徐々に寝る時間が減ってきます。3ヶ月を過ぎた位からは、昼は起きて、夜は寝る、そうしたサイクルが徐々にできてくるようになります。

 

寝るタイミングに変化がおきたら

昼と夜の区別がつくようになってきたと感じたら、なるべく昼にしっかり遊んであげて、夜はゆっくり寝かしてあげる、そんな風に一日のサイクルを作っていってあげると良いでしょう。そんなサイクルの中で大切にしたいのは、午後10時から午前2時の間の成長ホルモンが出る時間帯です。その時間にしっかりと睡眠を取れるように環境を整えてあげるのがお勧めです。

 

そして、1歳を超えた頃から睡眠時間は12時間前後となっていきます。勿論これは平均の数値であって、赤ちゃんによって個人差がある事を理解しておく事が大切です。