体内時計を整える

「朝日」と「朝食」で体内時計を整える

体内時計を整える

体内時計の核となる部分は脳に存在し、全身の細胞や臓器などのそれぞれに子時計があると考えられています。この全身の体内時計によって、睡眠や血圧、ホルモンの分泌など一日の変動がコントロールされています。

 

体内時計の周期は24時間ピッタリではなく、平均すると24時間より少し長いです。個人差はあるものの、体内時計が短い人は朝に強く朝型で、体内時計が長めの人は夜に強く夜型になりやすいとされています。
年齢を重ねるにつれて、体内時計は短くなっていく傾向があるので、年配の方が朝に強く早起きな理由はこれにあると考えられています。

 

体内時計のズレを解消しよう

朝目が覚めて、2500ルクス以上の光が目に入ると、体内時計に情報が伝わり、朝の時刻として時計がリセットされます。2500ルクスとはどの程度の明るさの光かというと、部屋の照明で100〜1000ルクスです。しかし太陽なら5万〜10万ルクス程度あります。なので、朝起きたらまず、カーテンを開け、太陽の光を浴びるようにしましょう。

 

そして体内時計がリセットしてから15〜16時間経過し、周囲が暗くなり夜に近づくと、睡眠ホルモンであるメラトニンが分泌されて、眠気が起こります。

 

体内時計のズレを解消しよう

朝、光を浴びて体内時計の親時計をリセットしたら、1時間以内に「朝食を食べる」ようにしましょう。このことで親時計ばかりでなく、子時計の体内時計もリセットされて正しい時間を刻みだします。

 

このことから睡眠のリズムが不規則な人は、朝食を食べないことが多い傾向があるようです。また、朝食は牛乳やコーヒーだけという人もいるようですが、しっかりと目を覚ますためには胃腸を動かすことが大切です。

 

朝日で「親時計」を、朝食で「子時計」をリセットした後も、自然光がたっぷりと入る場所で読書をしたり、散歩などで太陽の光を浴びるようにしましょう。