妊娠時には不眠になりがち

女性にとって、妊娠は人生の中の一大イベントですよね?
しかし、多くの妊婦は、不眠という悩みを抱えています。
また、一般的に妊娠初期の不眠と妊娠後期の不眠があるといわれています。
中でも、妊娠後期のものは、初期のものと比べ、深刻な場合が多いです。

 

妊娠後期の不眠…

妊娠後期の不眠

妊娠後期の不眠は、エストロゲンというホルモンが過剰に分泌される事のより引き起こされています。エストロゲンは、過剰に分泌されると、夜中に目が覚めてしまうなどの中途覚醒が増る、なかなか寝付けなくなるなど、熟睡の妨げとなります。

 

また、妊娠後期になってくると、お腹が大きくなり、寝る姿勢が限られてきます。
大きいお腹で、仰向けで寝るのは困難ですよね。
その結果、横向きに寝るようになるのですが、すると腰痛という悩みが出てきます。
この腰痛も不眠につながる原因です。

 

しかし現在では、不眠対策のサプリメントなど、妊娠中も行えるたくさんの対処法があります。
自分に合う対処法を探して、不眠と上手に付き合っていきたいですね。

 



妊娠時には不眠になりがち関連ページ

妊娠初期の不眠に効果的な対処法とは
臨月の不眠は当たり前