不眠症になりやすい人の性格

不眠症という病気になる人にはある程度、人の性格もかなり関係しています。
どんな性格の人は不眠症になりにくく、どんな性格の人はなりやすいのでしょうか?
もちろん一概には言えませんが、

不眠症になりにくい人は…
  • 時間にルーズな人
  • 忘れ物をよくする人
  • 人の気持ちをあまり考えずに過ごせる人

一般的に短所ですが、不眠症という観点から行くと、実は「物事を楽観的に捕らえる」という
長所を持った人なのです。

 

不眠症になりやすい人は・・・・
  • 責任感のある人
  • 時間に厳しい人
  • 人の気持ちを大切にする人

これらは一般的にはすばらしい長所の数々です。
しかし不眠症という観点からすると危険な性格です。

 

なぜでしょうか?

 

夜寝る時間になっても、不眠症で苦しむのはなぜですか?
それは、いつも脳が回転しているからです。
大きな悩みや問題が無くても、細かい自分の発言や人を怒らせてしまったことなどを気にしていると、不眠症の要因となります。
逆に大きな悩みや問題に直面しても、上手に趣味を持続したり、楽しいことを探せたりする人は眠れやすい。

 

上記の不眠症になりやすい性格の人でも、思いの転換、またはポジティブ思考に考えることができる人ならば不眠症になりにくいようです。



不眠症になりやすい人の性格記事一覧

職場や学校・家庭など、老若男女問わず、ほとんどの人々は人と接する生活をしていると思います。そんな中、人間観関係に疲れてしまい、不安な気持ちが募り不眠気味だ、という人も多いと思います。なんと、日本人の5人に1人が、この不眠に悩んでいるといわれています。症状…例えば、仕事で疲れているにも関わらず、夜になると不安な気持ちが大きくなり、寝付けず不眠気味。やっと寝付けたと思ったら、夜中に目が覚めてしまうなど...

私たちは、日々さまざまなストレスの中で暮らしています。そのストレスを、自分の趣味などで、うまく解消できれば良いのですが、ため込んでしまう人も多いかと思います。最近では、そんなストレスから不眠症になってしまったという話しもよく耳にします。一体なぜ、ストレスから不眠症になってしまうのでしょうか。人はストレスを受けると…人は、ストレスを受けると緊張や不安な精神状態になります。すると脳の覚醒中枢を興奮させ...

日本人は昔から、不眠不休で働いたり、勉強したりする事が美徳として考えられてきました。睡眠を削ってまで、不眠不休で努力することか素晴らしい事だと、考えられてきたのです。しかし、本当にそうなのでしょうか?現代社会の中でも、睡眠時間を削って仕事の量を増やすという事は、実際によくある事です。しかし、睡眠時間が不足すると、集中力が低下してしまいます。つまり、仕事の効率は悪くなってしまうのです。マイクロスリー...

4つの眠りの法則を全て満たすと、眠りの質が上がる。人はどのような条件がそろった時に眠くなるのでしょうか。眠たくなる仕組みがわかれば、スムーズに眠りにつくことができます。【法則1】夜、暗くなったら布団に入る私たちの体には「体内時計」があり、1日の周期でリズムを刻みます。この体内時計のおかげで、夜になったら眠る、明るくなったら目が覚めるというサイクルが自然と生まれます。夜更かしをして疲れているのに、朝...