不安な気持ちは不眠になりがち

職場や学校・家庭など、老若男女問わず、ほとんどの人々は人と接する生活をしていると思います。そんな中、人間観関係に疲れてしまい、不安な気持ちが募り不眠気味だ、という人も多いと思います。なんと、日本人の5人に1人が、この不眠に悩んでいるといわれています。

 

症状…

例えば、仕事で疲れているにも関わらず、夜になると不安な気持ちが大きくなり、
寝付けず不眠気味。やっと寝付けたと思ったら、夜中に目が覚めてしまうなど。
さらに、不眠気味で睡眠が良くとれていないと、日中も疲労感や眠気・集中力が低下するなどの支障が出てきてしまいます。

 

改善…

では、不眠を解消するには、どうすればよいのでしょうか?まずは、自分自身が不眠であることを不安に考え過ぎない事です。難しい事のような気もしますが、プラス思考を心がけると、次第に不安な気持ちは無くなっていくものです。

 

次に生活面を改善します。自分がリラックスして、眠りやすいをとる環境は、作りましょう。また、近では不眠対策用のサプリメントというものも出ています。
副作用や依存性のないものもありますので、気軽に試せるのも嬉しいですよね。