ストレスからくる不眠症

私たちは、日々さまざまなストレスの中で暮らしています。
そのストレスを、自分の趣味などで、うまく解消できれば良いのですが、
ため込んでしまう人も多いかと思います。
最近では、そんなストレスから不眠症になってしまったという話しもよく耳にします。
一体なぜ、ストレスから不眠症になってしまうのでしょうか。

 

人はストレスを受けると…

人は、ストレスを受けると緊張や不安な精神状態になります。
すると脳の覚醒中枢を興奮させる事になり、なかなか眠る事が出来なくなってしまいます。
この状態をストレス性睡眠障害といいます。
これは、一過性の不眠で、ごく一時的なものと言われています。

 

精神生理性不眠

しかし、この状態の中で眠れないという事を気にし過ぎると、精神生理性不眠を引き起こしてしまう可能性があるのです。
この不眠症は、眠ろうとすればするほど、眠れなくなるというもので、長期的な不眠症です。長期的な不眠症になるほど、改善するのが難しくなってきてしまいます。

 

ストレスを感じたら、ため込まず、発散するように心がけましょう。
また現在では、ストレス解消に効くサプリメントもたくさんあります。
試してみるのも効果的ではないでしょうか。