アルコールによる睡眠は良いものか?

だんだんと温かくなってくると、夜なかなか寝付く事が出来ず、睡眠がうまくとれなくなる、といった方も多いのではないでしょうか。
そんな悩みをお持ちの方は、アルコールを飲むとすぐ眠れる、というかたも多いと思います。

 

アルコールを飲むと、確かに寝付きは良くなります。
これは、アルコールがGABAニューロンという、大脳の活動を静める神経系を、活発にさせる働きを持っている為です。

 

睡眠前にアルコールを飲む際に注意すること

アルコール

しかし、アルコールによる睡眠の促進には、注意しなければならない点がいくつかあります。まず、アルコールを飲んで睡眠をうながすと、夜中に目がさめてしまいます。
実は、アルコールは寝付きを良くしますが、睡眠の後半では眠りを浅くしてしまうのです。また、アルコールによる利尿作用も、睡眠から目覚めてしまう原因になります。

 

このように、寝付きを良くする為にアルコールを飲むという事は、
結果的には熟睡を妨げる事になり、良い睡眠が得られるとは言い難いのです。