不眠症にならずダイエットするには?

ダイエットを始めると不眠症になる人がたくさんいるのはどうしてでしょうか?
2つの要因から考えましょう。

 

 ダイエットの時にもたらされるストレス。

 

ダイエットというのは本来食べたいものを抑えることによって行なう人が多いでしょう。
感情的にも常に十分食べられないという不満足感が残っています。
これは、緊張を生み出し、夜に眠れないわけです。

 

 ダイエットによって体のサイクルが崩れる。

 

ダイエットするときに人が思うのは、できるだけ食べないようにしよう。
朝食を抜きます(朝食のエネルギーはすぐに消費されるのでまるで意味が無い。)
これがまず体のサイクルを崩します。
ダイエット中はまた栄養が偏りがちになるので、ホルモンが正しく分泌されにくくなります。
睡眠時に必要なホルモンもそうです。

 

ではどうすれば、不眠症にならずにダイエットできるのでしょうか?
まずは運動を定期的に行ないます。これが鍵です。

不眠症にならずダイエット

  • 朝、モリモリ食べます。
  • 昼も野菜をたくさん食べた後、食べたいものをお腹一杯食べます。
  • 夜も野菜をたくさん食べた後、食べたいものをある程度食べます。

これで健康的にダイエットでき、不眠症にならずに済むでしょう。