実は寝酒が睡眠の質を低下させる

眠れない時にお酒を飲んでしまう習慣がある人は注意が必要です。
就寝前にお酒を飲むと寝つきがよくなると言われていますが、実はアルコールは睡眠にとってあまりよいことがありません。

実は寝酒が睡眠の質を低下させる

 

確かにお酒をたくさん飲むと、寝つきは良くなりますが、アルコールが分解され始める睡眠後半になると、交感神経が活発になり、深い眠りに入ることが出来ず、疲れが取れません。かといってお酒を少量にすると、寝つきが悪くなり睡眠時間が長くなってしまいます。

お酒に耐性がつく

お酒に耐性がつく

寝酒を行うと、最初の方は確かに効果を感じますが、1週間もすると体がお酒に慣れてきてしまい、飲む量を増やさないと効果を実感しにくくなります。さらに飲むお酒の量が多いほど、昼間の眠気や疲労感が強くなる傾向にあります。
理由としてはアルコールで筋肉がゆるんでしまい、気道が狭くなることで酸欠状態になってしまうからです。そのために、お酒を飲むとイビキをしてしまったり、睡眠時無呼吸症混群のような症状が出てしまうことがあります。

睡眠に効果的なにはノンアルコールビール

睡眠に効果的なにはノンアルコールビール

就寝前にノンアルコールビールを飲んだ実験が行われたところ、通常よりも寝付くまでの時間が短くなり、日中の不安感が少なくなったという結果が出ています。
ビールの主成分であるアミノ酸には精神を落ち着かせる効果があります。よってアルコールのデメリットがないノンアルコールビールが最適なのです。