生活リズム改善しましょう

残業が続き寝不足でボロボロ、疲れているのに仕事の不安がいっぱいで、眠れないという方、
まずは生活リズムを改善する事から始めましょう。

 

まずはどんなに眠くても、朝起きる時間を一定にしてみて下さい。
さらに朝日を浴び、体に朝だという事を覚えさせるのです。
太陽の光を浴びると、気持ちも明るくなるでしょう。

 

生活リズム…

もともと人には、生活リズムがありますから、昼間にたっぷり光を浴びるよう改善すると、
夜には眠気がやってくるようになっているのです。
また起きてすぐに、水や牛乳を飲む事もおすすめですよ。
頭がすっきりとし、気持ちよく目覚めることが出来ます。

 

生活リズムの改善により、一日のスタートが気持ちよく始められれば、
集中力も上がりモチベーションも上がります。結果、仕事も効率良くすすめられるでしょう。

 

仕事がうまくいくと充実感が得られます。
それは夜寝る際に、今日も一日頑張った、という満足感に変わるのです。
きっとすっきりと寝付く事が出来るはずです。

 

このように、生活リズムを改善するという意識だけで、余計な睡眠薬などに頼らなくても、
寝不足は改善できるのです

 



生活リズム改善しましょう記事一覧

毎日、食事の時間になるとお腹が減り、夜になると眠くなりますよね?当たり前の事だと思われるかもしれませんが、これは体内時計の働きによるものです。体内時計は、一日約25時間周期でリズムを刻んでいるといわれています。一日は24時間ですから、1時間のずれが出ます。ですが、毎朝朝日を浴びることで体内時計はリセットされるのです。しかし、朝日を浴びない生活や、就寝時間が遅い日が続くと、体内時計が狂ってきてしまい...

人間はもともと、朝起きて日中は活動し、夜眠るというリズムを持っている生き物です。しかし、現代社会では、24時間営業のコンビニやスーパー、ホテルのフロント、当直の医師や看護婦など、夜間に働いている人はたくさんいます。その中の多くの人々は、交替勤務という形で働いています。つまり、日中働く日もあれば、夜間に働く日もあるという事です。そうなってくると、本来の体のリズムは崩れてしまし、不眠症などの睡眠障害を...

日本人の特に就労者は、世界的に見て、睡眠への関心が低いと言われています。睡眠への関心が低く、寝不足が続いても生活を改善しようとしない人々が多いのです。その結果、日本では多くの人々が不眠症に悩んでいます。不眠症になると…慢性的な寝不足により日中の集中力の低下や、仕事の作業効率の悪化、更には、うつ病や生活習慣病へつながる可能性もあります。また、生活習慣病の改善と不眠症の改善は密接な関係があるのをご存じ...

深い眠り…ノンレム睡眠寝ついてから起きるまでの脳波を、簡単に表現してみると、睡眠当初は深い眠りに入ります。「がくっと眠りに落ちる」という表現がとても当てはまります。脳波上には振れ幅を見てみると大きなゆっくり波「徐波」が出てきます。これをノンレム睡眠といいます。断眠実験を行った直後に寝ると、ノンレム睡眠の長い眠りになることから、まず体はノンレム睡眠を必要としていることがわかります。また、深いノンレム...

昼食後に眠気が襲ってきてうたた寝をしてしまった経験をお持ちの人は多いと思います。眠気は夜だけではなく午後2時ごろにも発生します。これは異常なことではなく正常な体内リズムです。人間の脳は長時間、集中力を維持することができないので、途中で休憩を入れて脳を休ませることが必要です。そうすることで脳がリセットされ仕事や勉強などの効率がよくなります。仮眠を行うと血圧が安定し、緊張が和らぐことで不眠症の解消の効...

多くの人が高い枕をつかっている自分の体に合った枕を選ぶことで、睡眠の質がとてもあがります。日本人は欧米人などと比べて、後頭部の丸みが少なく、多くの日本人は低めの枕が合っています。枕が高すぎると、首や肩がこる呼吸量が減って疲れが取れない首にしわができる原因になるなどが起こります。また、枕は高さだけではなく、首から後頭部に当たる箇所の形が体型に合っているかどうかも大切です。次の3つの中で1つでも当ては...

掛布団の選び方はとても簡単です。羽根布団との違い寝具に使用されている水鳥の毛は2種類存在します。一つはとてもやわらかい「ダウン」です。もう一つは少し硬めの「フェザー」です。そしてダウンを50%以上使用している製品を「羽毛」といい、50%未満のものを「羽根」と表現します。羽根は羽毛に比べて重みがあり、膨らみも出にくいので掛布団には向いていません。あまりにも安い羽根布団セットなどはニワトリの羽根が交ざ...

新年になると多くの人が「今年の目標」として色々と考えると思います。しかし、年末に差し掛かるにつれて目標を全然達成できていない自分に気がつき、イライラしたり、自信を無くしてしまう経験はありませんか。その原因はもしかすると、睡眠不足からくるものかもしれません。毎日の睡眠習慣と新年の誓いの達成率を調査したイギリスの研究機関によると、睡眠をしっかりと取っている人の方が、約5割近くも目標達成率が高くなってい...

日中はパソコン作業が多く、移動中などは常にスマートフォンを使っている。そのような時は背中が丸くなっていることが多いです。姿勢を悪くする原因はそれだけとは限らない人間は、ストレスを感じると、自分の身を守ろうとして、更に背中が丸まります。寝る前には姿勢を正しくして、睡眠中のリンパの流れをよくしましょう。これから、寝る前の少しの時間ですることができる「ストレッチ」の紹介です。ストレッチによりかたくなって...

最近、目の周りを温めるアイマスクが人気目を温めることで疲れが取れて、全身をリラックスさせることができます。眼球を動かす働きをする動眼神経は副交感神経なので、目を温めることで副交感神経のスイッチが入りやすくなり、リラックスモードになります。目を温めてしばらくたつと、血管が開いて、手足が温かくなります。このようなリラックスできるポイントはたくさんあります。温めるときのタイミングと場所●目もと:パソコン...

キレイの味方のシルクシルクは肌に優しいだけではなく、睡眠にもとても適しています。眠り始めは深部体温を下げるために発汗量が多くなります。睡眠中にはコップ一杯分の汗が出るとされています。肌に直接触れるものは、吸湿性と放温性に優れていると快適です。シルクの吸温性は綿の約1.5倍ともいわれ、さらに放温性もよく、生地がべたつきにくいので、サラッとしています。このシルク特有の天然エアコン効果が、夏は涼しく、冬...