昼寝をし不眠症のつらさを解消しよう

昼寝をし不眠症のつらさを解消しよう

昼食後に眠気が襲ってきてうたた寝をしてしまった経験をお持ちの人は多いと思います。
眠気は夜だけではなく午後2時ごろにも発生します。これは異常なことではなく正常な体内リズムです。人間の脳は長時間、集中力を維持することができないので、途中で休憩を入れて脳を休ませることが必要です。そうすることで脳がリセットされ仕事や勉強などの効率がよくなります。
仮眠を行うと血圧が安定し、緊張が和らぐことで不眠症の解消の効果もあるとされています。

 

正しい仮眠の方法

正しい仮眠の方法

正しい仮眠の方法は仮眠の時間は短めにし、1回15分を目安に行います。長い時間仮眠をとってしまうと、本格的なノンレム睡眠に入ってしまい、目覚めにくくなったり、起きた後も頭がスッキリとせずにボーとしてしまいます。寝すぎてしまわないように目覚ましをしようしたり、周りの人に起こしてもらうようにしましょう。起床時間と就寝時間が一定で毎日のリズムがしっかりと整っていると仮眠の効果が高まります。