昼寝をし不眠症のつらさを解消しよう

昼寝をし不眠症のつらさを解消しよう

昼食後に眠気が襲ってきてうたた寝をしてしまった経験をお持ちの人は多いと思います。
眠気は夜だけではなく午後2時ごろにも発生します。これは異常なことではなく正常な体内リズムです。人間の脳は長時間、集中力を維持することができないので、途中で休憩を入れて脳を休ませることが必要です。そうすることで脳がリセットされ仕事や勉強などの効率がよくなります。
仮眠を行うと血圧が安定し、緊張が和らぐことで不眠症の解消の効果もあるとされています。

 

正しい仮眠の方法

正しい仮眠の方法

正しい仮眠の方法は仮眠の時間は短めにし、1回15分を目安に行います。長い時間仮眠をとってしまうと、本格的なノンレム睡眠に入ってしまい、目覚めにくくなったり、起きた後も頭がスッキリとせずにボーとしてしまいます。寝すぎてしまわないように目覚ましをしようしたり、周りの人に起こしてもらうようにしましょう。起床時間と就寝時間が一定で毎日のリズムがしっかりと整っていると仮眠の効果が高まります。

 



昼寝をし不眠症のつらさを解消しよう関連ページ

体内時計の乱れは不眠症を引き起こす
交替勤務者の不眠症対策法
不眠症も立派な生活習慣病
90分周期で繰り返されるノンレム睡眠とレム睡眠
朝起きると肩がこっている
羽根布団は密度で選ぶ
睡眠は願いをかなえる
新年になると多くの人が「今年の目標」として色々と考えると思います。しかし、年末に差し掛かるにつれて目標を全然達成できていない自分に気がつき、イライラしたり、自信を無くしてしまう経験はありませんか。その原因はもしかすると、睡眠不足からくるものかもしれません。
寝る前の1分間の究極快眠ストレッチ
目・首・腰を温める
シルクの柔らかさに包まれて眠る