体内時計の乱れは不眠症を引き起こす

毎日、食事の時間になるとお腹が減り、夜になると眠くなりますよね?
当たり前の事だと思われるかもしれませんが、これは体内時計の働きによるものです。
体内時計は、一日約25時間周期でリズムを刻んでいるといわれています。
一日は24時間ですから、1時間のずれが出ます。
ですが、毎朝朝日を浴びることで体内時計はリセットされるのです。

 

しかし、朝日を浴びない生活や、就寝時間が遅い日が続くと、
体内時計が狂ってきてしまいます。
すると、不眠症などの睡眠障害を引き起こす原因となってしまうのです。

 

不眠症とは、夜なかなか寝付けなかったり、睡眠が十分に取れず、
日常生活に支障きたす病気です。
また不眠症になると、うつ病になる可能性も高くなるといわれています。
このように、体内時計が狂ってしまうと、様々な病気へのリスクが高まってしまうのです。

 

体内時計を整える…

では、体内時計の乱れを整えるにはどうしたらよいのでしょうか?
まずは、朝目覚めたら、光を浴びる事です。
起きる時間も毎朝一定にした方が効果的です。
こういったちょっとした事でも、体内時計の乱れは予防出来るのです。