交替勤務者の不眠症対策法

人間はもともと、朝起きて日中は活動し、夜眠るというリズムを持っている生き物です。
しかし、現代社会では、24時間営業のコンビニやスーパー、ホテルのフロント、
当直の医師や看護婦など、夜間に働いている人はたくさんいます。

 

その中の多くの人々は、交替勤務という形で働いています。
つまり、日中働く日もあれば、夜間に働く日もあるという事です。
そうなってくると、本来の体のリズムは崩れてしまし、不眠症などの睡眠障害を引き起こしてしまいます。実際に、交替勤務をされている方々には、不眠症という悩みを持った方が多いです。

 

では、交替勤務をされている方々の不眠症には、どういった対策が効果的なのでしょうか?

 

対策…

まず、対策として夜間勤務中には、照明を明るくして光を浴びることをおすすめします。
勤務終了後には、なるべく早い時間帯から3〜4時間睡眠をとるようにしましょう。
その際、部屋は暗くし、光が入らないほうが良いです。

 

もし翌日が日勤の場合の対策は、午後の2時頃には起きるようにすると、
夜も睡眠がとれ翌日への負担も減りますよ。
交替勤務には不眠症はつきものと言われていますが、効果的な対策を実行していきましょう。