羽根布団は密度で選ぶ

掛布団の選び方はとても簡単です。

羽根布団との違い

水鳥の毛は2種類存在します

寝具に使用されている水鳥の毛は2種類存在します。一つはとてもやわらかい「ダウン」です。もう一つは少し硬めの「フェザー」です。そしてダウンを50%以上使用している製品を「羽毛」といい、50%未満のものを「羽根」と表現します。

 

羽根は羽毛に比べて重みがあり、膨らみも出にくいので掛布団には向いていません。あまりにも安い羽根布団セットなどはニワトリの羽根が交ざっていることもあるようなので、注意が必要です。

 

羽毛布団の混率は、ダウン90%以上あるものがおススメです。なかにはダウン100%がいいと思われる方もいますが、ダウンとフェザーの識別の際に多少のフェザーが混入してしまうので、100%ダウンの羽根布団は存在しません。

 

そして一番重要なのがダウンパワーです。

 

ダウンパワー

ダウンパワーとは、1グラム当たりの羽毛の膨らみの強弱のことをいいます。ダウン一つ一つの大きさが大きいと、ダウンパワーも高くなります。このダウンパワーが高いほど高品質で、よく膨らみます。基準としては400ダウンパワー以上あるものを選ぶようにしましょう。

 

実際に購入する際には、日本羽毛日本羽毛製品協同組合が発行をおこなっている品質表示を確認するようにしましょう。
この品質表示は、水鳥をデザインした「ゴールドラベル」といわれるものです。

ゴールドラベルの種類
  • プレミアムゴールドラベル:最上級の黒いラベルです。ダウンパワーは440以上のものです。
  • ロイヤルゴールドラベル:ラベルの色はベージュで、ダウンパワーは400以上です。

羽根布団は中身を確認して購入することができないので、残念なことに粗悪品なども出回っているのが現状です。しっかりと確認して購入するようにしましょう。上質な羽毛を使っている布団ほど、毛先を包む生地も薄くて滑らかなものを使用するので、心地よさもとても上質です。
布団は毎晩使うものなので、自分が納得のいく羽毛布団を購入するようにしましょう。

 

購入時に確認しておきたいこと
  • 手で布団を押して離した後に、ふんわりと元の形に戻るか
  • 動物臭などの変な臭いがしないか
  • 縫い目が美しく、羽毛が噴出していないか
  • 軽く叩いてみてホコリが出ないかどうか


羽根布団は密度で選ぶ関連ページ

体内時計の乱れは不眠症を引き起こす
交替勤務者の不眠症対策法
不眠症も立派な生活習慣病
90分周期で繰り返されるノンレム睡眠とレム睡眠
昼寝をし不眠症のつらさを解消しよう
朝起きると肩がこっている
睡眠は願いをかなえる
新年になると多くの人が「今年の目標」として色々と考えると思います。しかし、年末に差し掛かるにつれて目標を全然達成できていない自分に気がつき、イライラしたり、自信を無くしてしまう経験はありませんか。その原因はもしかすると、睡眠不足からくるものかもしれません。
寝る前の1分間の究極快眠ストレッチ
目・首・腰を温める
シルクの柔らかさに包まれて眠る