シルクの柔らかさに包まれて眠る

キレイの味方のシルク

シルクは肌に優しいだけではなく、睡眠にもとても適しています。

眠り始めは深部体温を下げるために発汗量

眠り始めは深部体温を下げるために発汗量が多くなります。睡眠中にはコップ一杯分の汗が出るとされています。
肌に直接触れるものは、吸湿性と放温性に優れていると快適です。

 

シルクの吸温性は綿の約1.5倍ともいわれ、さらに放温性もよく、生地がべたつきにくいので、サラッとしています。

 

 

このシルク特有の天然エアコン効果が、夏は涼しく、冬は温かいという特性をもたらして、睡眠中の体温変化をやさしくサポートしてくれます。シルクは軽いので、睡眠中の寝返りが容易にでき、シルクのセリシンというたんぱく質は人の肌の成分と近いので、肌のなじみが良く、触れた際にとても肌触りがよく気持ちいいです。

 

この気持ちのよさによって、リラックスを促す交感神経のレベルが高くなり、休息や入眠がしやすくなります。

 

シルクのやさしさに包まれながら眠るようにしましょう。



シルクの柔らかさに包まれて眠る関連ページ

体内時計の乱れは不眠症を引き起こす
交替勤務者の不眠症対策法
不眠症も立派な生活習慣病
90分周期で繰り返されるノンレム睡眠とレム睡眠
昼寝をし不眠症のつらさを解消しよう
朝起きると肩がこっている
羽根布団は密度で選ぶ
睡眠は願いをかなえる
新年になると多くの人が「今年の目標」として色々と考えると思います。しかし、年末に差し掛かるにつれて目標を全然達成できていない自分に気がつき、イライラしたり、自信を無くしてしまう経験はありませんか。その原因はもしかすると、睡眠不足からくるものかもしれません。
寝る前の1分間の究極快眠ストレッチ
目・首・腰を温める