ジェイゾロフトと不眠の関係

ジェイゾロフトという抗うつ剤を知っていますか?
副作用が、他の抗うつ剤と比べ、圧倒的に少ないことが特徴で、
世界的にうつ病患者に対し使われている薬です。

 

とはいえ、ジェイゾロフトの副作用には、吐き気や便秘などに加え、不眠作用もあります。
夜に服用すると、不眠作用のせいで眠れなくなる事があるので、注意が必要です。

 

うつ病患者の中には、ジェイゾロフトが自分に合う為服用をしていたら、いつの間にか不眠に悩まされる事になってしまった方もいます。
しかし、抗うつ剤は、相性がはっきりしている薬です。
自分に合うと思っていた薬を辞め、新しい薬に変えるのは、大きな副作用というリスクを考えなくてはなりません。
これは大きな勇気と不安が伴いますよね?
そのため、ジェイゾロフトの服用はそのまま続け、不眠を改善しようとする方が圧倒的に多いのです。
では、具体的な不眠対策とは何なのか?それは、朝日を浴びる事と栄養補給での自律神経の調整です
朝起きて、光を浴びると体内リズムが正常化され、不眠も改善されていくと言われています。
また、自律神経のリズムを整える栄養の補給と生活習慣の改善が、もっとも根本的な不眠対策となるのです。
無理はせず、出来る事から、少しずつ実行していくのが大切ですね。