短い?長い?みんなの平均睡眠時間調査の結果は・・・?

ナポレオンの平均睡眠時間は3時間だったというのは有名な話です。エジソンは研究所のソファで短時間横になるだけで、ベッドに入って寝るようになったのは晩年になってからだといわれています。人間の平均睡眠時間は8時間といわれますが、中には10時間寝ないとだめだという人がいる反面、ナポレオンやエジソンのような人もいます。
実際は睡眠時間ってどのくらい必要なのでしょうか。また、みなさんはどれくらい寝ているのでしょうか。アンケートを行ってみました。

 

対象人数:100人(男女)
アンケート内容:「あなたの平均睡眠時間は?」

 

あなたの平均睡眠時間は?

 

アンケート結果の上位
  • 第1位:6時間
  • 第2位:7時間
  • 第3位:5時間

 

平均睡眠時間

一番多いのが6時間の睡眠時間でした。6時間睡眠の方も、本当はもう少し睡眠時間を延ばしたい…、と思う方が多いようです。仕事や家事、プライベートを優先するとこのくらいの時間になってしまうようです。
しかし、3位の5時間と答えた人に比べると睡眠不足を感じている人は少なく、忙しいながらもある程度は満足した睡眠ができる時間として妥当なところなのかもしれません。
2位の7時間とお答えの方には、7時間くらい寝ないと疲れが取れないという方が複数名いらっしゃいました。疲労しやすいお仕事なのでしょうか?肉体的な疲労回復には7時間の睡眠が必要なのかもしれません。

 

睡眠不足と感じているのは5時間

3位の5時間という方の殆どは睡眠不足を感じていました。お仕事や家事で睡眠時間が削られてしまうようです。小さいお子さんがいらっしゃる女性の場合ですと、途中でミルクをあげる時間で起きなければならいと、まとまった睡眠を取ることが難しいようです。しかし、5時間あればスッキリ目覚められるという方いれば、8時間以上寝ても寝たりないという方もいらっしゃって睡眠の満足度には個人差があります。

 

起きる時間が重要

睡眠の時間と満足(質)は比例するものでは無いようです。アンケート結果にもあるように睡眠時間が短くても満足している方や、長く寝ても満足を得られないという意見もありました。
睡眠の満足(質)は何処で決まるか?というと、実は起きる時間が大切なのです。
レム睡眠・ノンレム睡眠のタイミングを合わせれば、何時間の睡眠でも満足のいく睡眠が得られます。
レム睡眠の時は脳が覚醒状態に近い状態で、夢を見るのはこのタイミングです。脳が動いているため、眠りが浅くて起床しやすい状態にあります。
ノンレム睡眠は脳が休息状態になっており、体温は少し下がり、呼吸や心拍が穏やかになります。体が深い眠りについている状態なので、この時に起きようとすると目覚めが悪くなってしまいます。

 

睡眠時間とレム、ノンレム睡眠

人は睡眠時にこのレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。脳と体を休めながら、情報の整理や機能回復を行って、体のバランスとリズムを整えています。レム睡眠とノンレム睡眠はおよそ90分の間隔で繰り返されていると言われています。その為、90分の間隔ごとに、ちょうどレム睡眠の時に起るようにすれば、脳と体の休息のバランスがとれた睡眠になり、スッキリと目覚めることが出来るのです。
そのため、90分を4回繰り返した6時間睡眠の方の、多少の睡眠不足を感じながらもある程度満足のいく睡眠は確保できている、という結果になったのでしょう。
いくら寝ても寝たりないと言う方は起きるタイミングを見直せばスッキリと目覚められるかもしれません。是非ご自分にあった起床時間を見つけて理想の睡眠時間を確保しましょう。