睡眠の解消方法コラム



睡眠の解消方法コラム記事一覧

リラックスして、就寝1時間前は副交感神経を活発に就寝1時間前は、できるだけリラックスしていることが大切です。寝つきをよくし、ぐっすりと眠るためには、交感神経を落ち着かせて、副交感神経を活発にすることが、とても大切です。心身をリラックスさせる方法としては、ストレッチや呼吸法、アロマや音楽などが効果的です。快眠の妨げになる行動リラックス法とは逆に、以下の行動は交感神経を活発にしてしまい、眠りの妨げにな...

最近、話題を集めている入浴方法があります。それは熱めのお湯に入るHSP(ヒートショックプロテイン)入用法です。HSPというのは、ストレスなどで傷ついた細胞を修復し、元気にするタンパク質のことです。HSP入浴法のメカニズム熱いお湯に入ることで体は少なからずストレスを感じます。しかし細胞が死んでしまうほどではない熱さでストレスを与えることで、体内のHSPが増えます。HSPが増えることで、傷や病気が治り...

横向きに眠ると、呼吸が楽になる旦那さんのイビキがうるさくて眠れない、などの悩みはよく聞きますが、実はイビキをかいている本人も大変です。イビキがひどいと血液中の酸素が減少してしまい、脳が十分に休むことができません。よって、睡眠時間は十分に取っているのに、イビキのせいで自分自身が熟睡できていないので、疲れが取れにくくなってしまいます。イビキの仕組みイビキは空気の通り道である気道が狭くなることで起こりま...

照明の明るさには注意夜中に起きて、トイレに行くことで、目が覚めてしまい眠れなくなることは多いと思います。体内時計は光の明暗を感じると作用するようになっています。なので夜中に廊下やトイレの照明を点けてしまうと、明るい光が目に入ると、体内時計が脳に信号を送り、朝になったと勘違いしてしまうことがあります。よってトイレから戻って直ぐに寝れるようにするためには、照明の明るさをできるだけ抑えてあげることです。...

寝具の中で、マットレスと枕はとても重要なアイテムになります。購入の際に、マットレスは見た目だけの形では違いを知ることは難しいので、選び方の基本を知っておくことが大切です。低反発マットレス体圧分散性に優れた効果のある「低反発マットレス」は、睡眠中に寝返りなどの動きが少ない人や、睡眠時間が3〜4時間と短い人に適しています。高反発マットレス高反発は色々な硬さのものが存在します。硬めのマットレスはアスリー...