起きてからスッキリしない時記事一覧

朝の寝起きがなかなかスッキリとしない時は、アロマや音楽を活用することで、心地良い気分になることができます。朝のアロマでオススメな香りペパーミントローズマリーユーカリグレープフルーツなどのさわやかな香りが効果的です。音楽は軽やかでリズミカルなものがオススメです。就寝前の準備が大切就寝前にアロマディフューザーをタイマーにセットしておけば、さわやかな香りで目覚めることができます。また、枕元にアロマの液体...

目覚ましのスヌーズ機能に頼りすぎてはいけない目覚ましのスヌーズ機能に安心してしまい、ついつい寝過ごしてしまう人は、目覚まし時計を離れた場所に置くようにしましょう。目覚まし時計を止める際にベットから出て歩けば、脳が刺激されて頭が働き始めます。目覚まし時計を離れた場所に置くのは単純な方法ですが、とても理にかなっていて効果的です。、また、寒い時期に起きたのはいいものの、また布団に入ってしまう人は、起きる...

ベッドの位置、インテリアや部屋の色合いが眠りに影響を与える「生活リズムは規則正しいのに、なぜか眠れない…」と悩みを抱えている人は、寝室に問題があるのかもしれません。まず、基本となるベッドの位置を確認してみましょう。ベッドが壁に密着していると、布団が反対側に落ちやすくなります。そして壁とマットレスのすき間が無いので、カビが生えることも時々あります。睡眠中は完全に無防備なので、頭の位置がドアに近いと不...

睡眠時間は年々、少なくなっている世界的に見ても日本人、特に女性の平均睡眠時間は、世界で一番短いことがデータで出ています。その背景として、現代人はやることが多すぎます。社会問題となっているのが、職場で退職者が出ても、人員が補充されずに、一人辺りの仕事量は増えていく一方です。そしてまじめな日本人は睡眠時間を削ってでも、仕事を行い、疲労してしまいます。健康的でシンプルに生きていく秘訣というのは、「やらな...

日々、仕事に対しての達成感がほぼなく、限界を感じている場合は、人生の発想を変化させてみるようにしましょう。経済的な成長が頂点までいきている現代社会において、仕事の成功だけに焦点を当てていると、不満足に終わる事も多くなります。どれだけ仕事をおこなっても、満足感を得られない…そして夜には疲れてバタンと眠る。毎日の睡眠時間が、このような風でもったいないと感じませんか。温かい布団で眠る幸せを味わう多忙な1...

「豆電球を付けたまま寝ている人は、肥満率が消して寝ている人の約2倍ほど」という研究データがありります。照度が3ルクス未満のほぼ真っ暗い状態で寝た人と、約9ルクスの豆電球で寝た状態の人を比べてみたところ、豆電球を付けて寝た方が肥満の割合が約2倍となり、中性脂肪数値が高い状態の「脂質異常症」は約1.8倍多かったそうです。睡眠ホルモンであるメラトニンは暗い方が分泌されやすいので、明るいと光の刺激の影響で...

夕方になると、いつも足がパンパン!夜になってもむくみが引かず、眠れない。立ち仕事やデスクワークなど、同じ姿勢が長時間続く人に多い悩みです。むくみの原因は、血液が心臓に戻りにくいことにあります。心臓から動脈を通って全身に送られた血液を、静脈から心臓に戻すという機能の低下です。とくに女性や高齢者は筋肉量が少ないため、筋肉のポンプ作用が弱くむくみやすくなります。高齢になると、血液の逆流を防ぐ静脈弁の機能...

心身を落ち着かせるために、リラックス効果のある音楽の力を使うのもいいです。就寝前に聴くのに効果的な音楽はゆっくりなテンポで歌詞のない曲です。歌詞のある曲では、言葉の意味を理解しようと色々と考え出してしまいます。呼吸のリズムというのは、音楽のリズムと同調するので、ゆっくりなテンポの音楽を聴くと、自然に呼吸がゆっくりと落ち着き、リラックスすることが可能です。リラクゼーション音楽に自然に音などが多い理由...

「部屋を片付けると、ぐっすり眠れるようになる」片づけアドバイザーの女性が、以前そのように言っていたと知人が話していました。理由としては部屋の状態は心の状態を表すからです。まずは、寝る前に1分、ベッドまわりを簡単に整えるようにしましょう。そして、朝起きたら、掛布団や枕の位置を正して、窓を開けて換気をするようにしましょう。これをするだけで、毎日気持ちよく眠ることができます。うつ病の人は、部屋が汚いこと...

ベッドに入って眠ろうとすると、思考の連鎖が止まりません。そのようなときは、頭に「ん~」という音を響かせるようにしましょう。これは、ベッドの中でも手軽にできる方法です。目を閉じて、人差し指で両耳の穴をふさぎ「ん~」と頭に響かせてみましょう。この方法は、ヨガのブラーマリー呼吸法にアレンジを加えたものです。鼻から息を細く長く吐きながら、ハミングするように軽く行うのがポイントです。全身の力を抜き、ゆっくり...

道具を使用せずに、目を温めることは可能です。手のひらを1分目に当てれば温めることが可能です。この方法はベッドなどでも気軽にできます。手をこすり合せて温かくして、手のひらをワンのようにし、まぶたに当てます。そして、手のひらから出るパワーを感じながら鼻から息を吸い込んで、目に溜まっている老廃物を出すイメージしながら口から息を吐くようにします。ヨガの「照気法」職場では長時間パソコンを見続けて、移動中など...