目覚まし時計は、少し離れた場所に置く

目覚ましのスヌーズ機能に頼りすぎてはいけない

目覚ましのスヌーズ機能に頼りすぎてはいけない

目覚ましのスヌーズ機能に安心してしまい、ついつい寝過ごしてしまう人は、目覚まし時計を離れた場所に置くようにしましょう。
目覚まし時計を止める際にベットから出て歩けば、脳が刺激されて頭が働き始めます。目覚まし時計を離れた場所に置くのは単純な方法ですが、とても理にかなっていて効果的です。、

 

また、寒い時期に起きたのはいいものの、また布団に入ってしまう人は、
起きる時間の30分前ぐらいからエアコンのタイマーをセットしておくとよいでしょう。

 

目覚ましに使うならスマートフォンがオススメ

目覚ましに使うならスマートフォンがオススメ

目覚ましに使うならスマートフォンが適している理由は画面からブルーライトが出ているからです。ブルーライトには目が感知すると脳が冴える働きがあります。また、メールなどの確認を行うことで、思考をつかさどる脳の前頭野も働きが活発になります。さらには指先を動かすことにもなるので、運動機能がさらに働き始め、目覚められるというわけです。

 

一度では起きれない人などは、よく起床時間の30前ぐらいに目覚まし時計をセットして、スヌーズ機能を使う人がいます。しかし浅い眠りがダラダラと続くことになり、逆効果の場合があるので控えることをおすすめします。
目覚まし時計を遠くにおいて、一度でスッキリと起きれるようにしましょう。



目覚まし時計は、少し離れた場所に置く関連ページ

モーニングアロマや音楽で朝の気分を上げる